FC2ブログ

本場和牛をお手ごろ価格で 【焼肉あぶり亭】

2019.01.13

 東久留米の前沢からひばりが丘へ散歩。
よく通るルートではなく、狭くて危ないので自転車ではめったに通らない所沢街道を「おふろの王様」から「ブックオフ」あたりまで歩いてみることにした。


190113 aburitei-11


で、いろいろあって(後述)、ひばりが丘の街に入ったのは2時近くになってから。
昼ごはんに考えていたお店はことごとく休みで、フラフラと焼き肉屋に流れつく。


190113 aburitei-19


店頭のメニュー表を見ると意外にリーズナブルなランチサービスがあるが、そこは焼き肉。1000円前後にはなってしまう。
いまのフトコロ具合ではちょっとキビシイか…。


190113 aburitei-15


すると「臨時収入があったからおごってあげる」と相方。
たぶん空腹に耐えきれなくなったんだと思う(笑)。この手は使えるかも(わざと昼めし遅らせる (〃 ̄ω ̄〃ゞ フーム…


190113 aburitei-12


「ビビンバランチとかクッパランチとかでしょうか?」とお伺いをたてると、「せっかく(臨時収入)だから焼き肉にしよう」と後見人。
カルビランチ1100円とランプランチ1100円に(税抜き価格)

この価格をどう捉えるか。


190113 aburitei-22


メニュー表には無煙コースター、カルビランチのところには手書きで“黒毛和牛”とも書いてある。表の看板は“本場和牛専門店”だ。
国産牛と和牛の違いを前面に打ち出して、扱う肉へのこだわりをアピールするお店のようだ。


190113 aburitei-13


ランチ、配膳。


190113 aburitei-14
190113 aburitei-16


肉のボリュームは十分。


190113 aburitei-17


カルビは上質の脂がのる。ランプも軟らかく、さしの入り方が上品な感じ。
どちらも炭であぶられると、おいしさのグレードがさらに上がる。


190113 aburitei-18


自家製のナムルとキムチがたっぷり付くうえにグリーンサラダもあって、野菜がたくさん食べられる。肉食の後ろめたさが消え、バランスの良い食事をとった充実感。


190113 aburitei-23


店主は焼き肉屋さんというより昭和の喫茶店のマスター風。
まったく愛想をしない人だが、ほぼ手作りと思われる食事自体が誠実そのものであり、それこそがサービスというスタンスなんだと思う。接客面でいやな感じは受けない。

1100円、ぜんぜん高く感じない!


190113 aburitei-20 190113 aburitei-21


[DATA]
焼肉あぶり亭
東京都西東京市ひばりが丘北4-2-23



 籠屋発見! からの、つるしびな巡り

2019.01.13 三沢かご店/東京都東久留米市中央町5-7-44

普段通らない道(所沢街道)を選んだのは、思いがけない発見を期待してのこと。通りに面して竹ぼうきやざるを吊るした鄙びた店を発見した。


190113 tsurushibina-11


「三沢かご店」は相方にとって大発見だったらしい。
竹籠が好きで岩手からすず竹の民具を取り寄せたりしていた。


190113 tsurushibina-12


「こんな地元に良品を扱うお店があったとは!」と興奮の様子。
相方は店主と話し込み、台付きの竹ざると漆がけの小盆を購入。
こちらで扱っている製品は大分県産。息子さんの修行先の作家さんの作品などだそうだ。


190113 tsurushibina-13 190113 tsurushibina-14-2


この店は「つるしびな巡り」のスタンプラリーの参加店とのことで、せっかくなのでスタンプを押してもらう。


190113 tsurushibina-15


そんなイベントの存在をついさっきまで知らなかったわけだが、ほかの参加店も回ってみる気になっている。
毎度のことながら、行き当たりばったりで行動プランがころころ変わっていくのだ。


190113 tsurushibina-16
第11回 つるしびな巡り/問い合わせ:東久留米市商工会(TEL 042-471-7577)

190113 tsurushibina-18 190113 tsurushibina-19
190113 tsurushibina-20 190113 tsurushibina-21
190113 tsurushibina-17-2
左上から、「證文堂 滝山店」「美容室Wing」「三興屋」「hitタナカ21」「ふとんしばた」



[Today's recommendation]

wachat190113.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2






タイのおふくろの味は、フトコロにも優しく 【メースィールアン 久米川店】

2019.01.11

 久米川駅近辺での昼ごはん。
あるお店を提案されたが、節約中である旨を伝え、安く食べられるところを数店提示。その中から相方が選んだのがタイ料理店「メースィールアン」。
タイ料理という時点でそもそもボトムラインが低くない印象があるが、このお店は常識外れに安い(と僕は思っている)。


190111 mae sri ruan-12


「MAE SRI RUAN」だった店頭の置き看板が「タイのお母さんの味 メースィールアン」に変わっていた。
開店から8年半、どんどん街に溶け込んでいく感じ。
ちなみに“mae sri ruan”はタイ語で“よい奥さん(お母さん)”だそうだ。


190111 mae sri ruan-11-3 190111 mae sri ruan-17


「パッタイとグリーンカレーかなぁ…」と言いながらお店に向かっていたが、前に入ったときもそうだった気がするし…。
調べてみるとそのとおりで、しかも前回のブログ記事には

――われわれはふた月続けて同じ組み合わせのタイ料理ランチにしたという事実が浮かび上がる。しかもそれと気づかずに …( ̄  ̄;) ムム…

と書いている。
まったく進歩がないと言わざるを得ない。
ということで、食べたことないもの食べる路線に方針を変えました。
タイラーメン550円、チャーハン600円を注文。


190111 mae sri ruan-20


先客はお店のおかあさんの同胞と思われる女性1人だったが、僕らのあとに2組3人。
トータル4組6人だが、お店は1人体制なのでそれでもけっこう大変そうだ。


190111 mae sri ruan-14


実は大変なのは製造工程をじっと見ている僕のような客で、あ、のびる… とか、冷める… とかハラハラするのだが、おかあさんは悠然たるもの。


190111 mae sri ruan-16


タイラーメンはあっさり塩味の、いわゆるセンレック・ナーム。
以前、吉祥寺のタイ料理店やベトナム料理店(ともに閉店)でこういう汁そばを食べたことがあるので、イメージどおり。


190111 mae sri ruan-21


薄味の麺料理を卓上調味料セット“クルワンプルーン”で調整しつつ食べるのが本場スタイルらしい。
ナンプラー、唐辛子入り酢(プリックナムソム)、粗びき唐辛子(プリックボン)、砂糖(ナムターン)のうち、砂糖を除く3種で味を調整。どんどんおいしくなる。


190111 mae sri ruan-15


一方チャーハンは、以前歌舞伎町の「バンタイ」で食べた塩チキンライス風を予想していたら、色も味も濃いめの焼きめし風。
大きいタマネギスライスとカリッと炒められた豚ばらの塊がいいアクセントとなる。


190111 mae sri ruan-19


2人で1150円、タイ料理としては破格だと思いません?
で、割り勘にしてもらって(笑)、僕は550円。
この3日で昼食代1550円と、だいぶフトコロが持ち返してきた感じ。


190111 mae sri ruan-13-3


[DATA]
メースィールアン 久米川店
東京都東村山市栄町2-23-4



[Today's recommendation]

wachat190111.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2






どこまでも昭和な、新年のカレー 【錦乃】

2019.01.10

 だいぶ過ぎてしまったが、正月三が日の食事について――
われわれの子ども時代はまだ土地土地の風習が残っていたと思うが、僕の生家では雑煮のメイン感が際立っていた。
三が日は包丁など道具の使用が禁じられていたので、大みそかに大根、にんじん、ごぼうの千切りを大量に用意する。子どもも総動員で。それが雑煮の具。だしは干しダコだった。
朝は雑煮としるこ(あんころ餅と称した)。昼ごはんなしの2食制で、腹が減らないように子どもは朝に7つも8つも餅を食べる。夕ごはんは4時ごろと早く、白いご飯だったが、おかずはおせちのようなものばかりで、汁ものはやはり雑煮。2日の夜ぐらいになればさすがに飽きる。
飽きたといってもそこはド田舎、食堂など1軒もない。変化をつけるにもインスタントラーメンがせいぜいといったところ。
そこに登場したのが、レトルトカレー。
“おせちに飽きたらカレー”と大々的に展開されたCMキャンペーンが、“無理しておせち食べ続けなくていいですよ”と、いわば国民にお墨付きを与えた。


190110 nishikino-22


『みんなの暮らし日記ONLINE』に掲載されているmarinさんこと翻訳家・森嶋マリさんのカレーのコラムを読んでいたら、いろんなことが思い出された。
正月3日か4日あたりにカレー食べたなぁ… とか。
ランちゃんかわいかったな、とか、樹木希林さんも定番だったな、とか(それは年賀状印刷か…)。


190110 nishikino-14


そのmarinさんから「今年のカレーはまだか?」と、厳しいツッコミが飛んできた。
そうなのだ。
上記コラムに“おせちに飽きたら食べたいものランキング”の結果より“二大人気”と分析されているカレーとラーメンのうち、僕はラーメン派。
少なくともこの10年、正月一発目に食べるのはラーメンであった。


190110 nishikino-12


それはカレーよりラーメンが好きということではなく、正月早々営業していて、なおかつカレーを提供している“味のあるお店”というものを発見できていないということ。
さらにいま現在の事情でいえば、節約モードに入っているので、カレーはさらに選択肢が狭まる。


190110 nishikino-15


でも思い出しました。安いカレーの店。
しかもさらなる節約モードを満足させてみせます。裏技を使って。


190110 nishikino-16


花小金井の北口駅前の「錦乃」。
基本は中華料理屋だが、看板に“カレーとラーメン”と書いてあるようにカレーの押しが強い。


190110 nishikino-17


カレーライスが400円、カツカレーが600円。一概に比べられるものではないが、カレー部門に限れば昨日の激安中華「寳来屋」(各450円、800円)よりさらに安い。
節約モードにおいてカツカレーが食べられるのである。


190110 nishikino-18


注文から約10分。
スプーン in お冷や、乳酸菌飲料付きにて提供 フフ♪ (* ̄ー ̄) v


190110 nishikino-20 190110 nishikino-21


こちらのカレーは“日本のカレー(おうちカレー)”に違いないが、より煮込まれて具材が煮崩れたいわゆる“2日目のカレー”的。野菜の甘みが強いが、意外にスパイシーだったりする(S&B風という意味で)。
カツのサイズは安かろう小さかろうということはなく、ボリューム的にも十分満足できる。


190110 nishikino-11


お支払いで倹約の隠し札“割引券”を提示。
これでカツカレーが550円に。


190110 nishikino-19


割り引くにもかかわらず、おばちゃんはほかの客のときよりうれしそう。割引券はリピート客の証しだから。
「また使ってください」と、出した券が返ってきた。
50円で幸せ気分♪


190110 nishikino-13
190110 nishikino-24


[DATA]
錦乃
東京都小平市花小金井1-12-2



[Today's recommendation]

wachat190110.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2






正月明け、節約モードに 【寳来屋】

2019.01.09

 気づいたら苦境に陥っていた。
仕事がクソ忙しいのである。

僕の場合、月単位の仕事がメインで、それが月の前半に集中するので正月休みの影響は避けられないが、今年は休みが長かったため例年以上に高集積している。
加えてイレギュラーでまとまった仕事が押し寄せている。めったにないことだが、断らざるを得ないほど。


190109 horaiya-16


もう一つ困っているのが、フトコロ具合。
これもカレンダーの影響だが、長い休みの間、遠出はしていないが出かける機会は増える。
それなりに電車賃はかかるし、食事代も通常よりかさむ。


190109 horaiya-12


ということで、当分の間、
①時間がないのでブログの更新が滞る、もしくは記事内容がテキトーになる
②お金がないので昼ごはんの店はコスパ重視の節約モードになる
ことをお断りしておく。

なんだい、いつもと変わらないじゃないかい… というのは、言いっこなしで ×( ̄-  ̄ ) ナシナシ…!


190109 horaiya-11


コスパ重視ということで真っ先に思い浮かぶのが、八坂の中華料理店「寳来屋」。


190109 horaiya-13


ラーメン(350円)、ワンタンメン / タンメン / モヤシソバ / チャーハン / カレーライス / 玉子丼(以上450円)、ねぎメン / みそラーメン / ソース焼きそば(以上500円)と、ワンコインメニューが充実の10品。
上を見ても、最高値がカツカレーライス。1000円払って200円おつりが来る。


190109 horaiya-14


と、激安だけれど、店名は新年らしくめでたいと。


190109 horaiya-15


僕がこの店でいちばん多く食べているのが、タンメンじゃないかと思う。
450円と、いまどきタンメンであまり見ない値段である。
具材はキャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン…。豚肉もけっこう入っている。


190109 horaiya-17


想像だが、このタンメンは具材にほかの料理で出た端切れ野菜を使って値段を低く抑えているんじゃないだろうか。

いま、NHK『ニュースウオッチ9』で恵方巻きの廃棄問題のニュースを見ながらこの原稿を書いている。
図らずもフードロス問題の本質について考えさせられる。


190109 horaiya-18


[DATA]
寳来屋
東京都東村山市美住町1-6-31



[Today's recommendation]

wachat190109.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2






吉祥寺の日常風景的行列な… 【小ざさ】

2019.01.06

 最中と羊羹の「小ざさ」は、人気店の多い吉祥寺でも特別な存在である。
どのへんが特別かというと、看板商品が買えないというあたり、かなりトクベツ。


190106 ozasa-13-2


“始発で行列に並ばないと買えない”といわれる羊羹が有名だが、それは大げさでもなんでもない。
毎朝、整理券を求める列ができる。
そのシステムは、自分の学生時代にすでにそうだった。


190106 ozasa-12
吉祥寺を象徴する行列。メンチカツの「さとう精肉店」の列(奥)と、「小ざさ」の列


学生時代、年末に帰省するのに指定券を買うような計画性はなく、当日、自由席に並ぶのが常だった。いまより帰省客が多かったり列車便数が少なかったりという事情もあったと思うが、ターミナル駅構内には何本も列ができた。
少しでも席を確保しやすいように、始発電車で、開業したばかりの東北新幹線の当初の始発駅・大宮に向かうのである。


190106 ozasa-14


そんなタイミングでまだ暗い冬の早朝、吉祥寺駅に向かう途中、ふと見るとダイヤ街には「小ざさ」の整理券を求める列ができているのであった。
あ、いま並べば羊羹買えるな… と思いつつ、そんなことしたら新幹線の席はまず確保できなくなるな… と、モヤモヤしたものだ。


190106 ozasa-15 190106 ozasa-16


最中は少し並べば買える。並ばなくても買えるときも、普通にある。
若いころ、帰省のお土産に買っていったことがある。
田舎の人に説明しても「小ざさ」のレア感がうまく伝わらず、モヤモヤしたものだ。


190106 ozasa-17


羊羹が入手困難なのは、「時代錯誤的に、非能率的な小鍋を使用し、高価な木炭を使って」(HPより)小豆を炊くという製法を貫き、生産量が限られるから。
同様に素材や製法にこだわる餡を使った最中も、逸品である。

5個入り袋パック(紅餡3、白餡2)335円を購入。
甘さ抑えめの上品な最中である。


190106 ozasa-11


[DATA]
小ざさ(おざさ)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
https://www.ozasa.co.jp/


[Today's recommendation]

wachat190106-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2



Latest Articles
本場和牛をお手ごろ価格で 【焼肉あぶり亭】 Jan 16, 2019
タイのおふくろの味は、フトコロにも優しく 【メースィールアン 久米川店】 Jan 14, 2019
どこまでも昭和な、新年のカレー 【錦乃】 Jan 13, 2019
正月明け、節約モードに 【寳来屋】 Jan 11, 2019
吉祥寺の日常風景的行列な… 【小ざさ】 Jan 10, 2019
いつもの? 餃子屋へ 【みんみん】 Jan 08, 2019
ラーメンにも縁起を担ぎ 【麺 鶴亀屋】 Jan 07, 2019
正月恒例七福神巡り 【大黒家天麩羅】 Jan 05, 2019
年始は今年もフードコート 【丸亀製麺 モラージュ菖蒲店】 Jan 04, 2019
体育会系御用達な…? 【上海菜館】 Jan 04, 2019
今年も「年越しどん〇」 【どん太】 Dec 31, 2018
百余年続く本物の和スイーツ 【寒天工房 讃岐屋 新宿本店】 Dec 31, 2018
Category
Ranking
               
          
Category-2