FC2ブログ

Another long queue in Joji Town 【こしの ひばりが丘本店】

2019.03.18

 ひばりが丘の「昇龍」で昼ごはんを食べたあと、通りをぶらぶら団地方面へ。
といっても、ジグザグに駅に向かう古い商店街(中原通り)にお店はほとんど残っていない。中原小前交差点からセブンイレブンまでの間、たべもの屋は「昇龍」、昨年オープンの「Bekery PiYoPiYo」、そして和菓子店「こしの」の3店のみ。


190318 koshino-12


「こしの」ホームページには“行列店ベストランキングに選ばれたテレビでおなじみの、羊羹・最中の専門店”とある。
こんなところにそんな人気店が?
そうです。
店名でピンとくる人もいると思うが、吉祥寺ハモニカ横丁の人気和菓子店「こしの」の本店がこちら。


190318 koshino-11-2


ハモニカ横丁の和菓子店といえば「小ざさ」が有名だが、「こしの」はその真裏で営業している。月~水の3日間(13:00~17:00)のみの営業なので、行列のできる人気店ながら知る人ぞ知る的存在かもしれない。
羊羹・最中の専門店だが、かつて吉祥寺の人気商品だったのが酒まんじゅう。数量限定で開店直後に並ばないと買えなかった。
記憶が定かでないが、数年前に酒まんじゅうの販売が休止となり、以来足が遠のいていた。


190318 koshino-16 190318 koshino-17
「菓匠こしの 吉祥寺店」


最近、「ひばりが丘本店」の店頭に“栗まんじゅう”の張り紙を見つけた。「こしの」の酒まんじゅうは大好きだったので、これは見過ごせない。
ということで「ひばりが丘本店」初入店。


190318 koshino-19-2 190318 koshino-18


ところが、お店に入ると“栗まんじゅう 次回販売日3月20日”の札。やはり「こしの」のまんじゅうはレアアイテムなのであった。
せっかくなので最中を小豆2個・白豆1個購入。ともに1個60円とお手ごろ。


190318 koshino-13-2


女性店員さんに伺ったところ、酒まんじゅうも再開しているとのこと。
栗まんじゅう同様限定生産と思われるが、吉祥寺に行く楽しみが増えた(というか、戻った)。
そして「ひばりが丘本店」は並ばずに人気商品を買うことができる隠れた名店なのである。


190318 koshino-15


[DATA]
こしの ひばりが丘本店
東京都西東京市ひばりが丘2-6-27
http://www.koshino.ecnet.jp/



[Today's recommendation]

wachat190318-3.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/Ja2HEYxVPgA


激変の団地の外れに郷愁の街中華 【昇龍】

2019.03.18

 子どものころからの床屋嫌いの自分にとって仕事が速いのは床屋の最高のサービスであり、「QBハウス」の登場は福音のように思われた。顔を覚えられるのが恥ずかしいのでしょっちゅう店を変えていた若いころのクセで、いまもQBハウスをローテーションしてしまう。ということで、久々の散髪はひばりが丘へ。


190318 shoryu-28


散髪のあとはお昼ごはん。
床屋は「西友 ひばりが丘団地店」内にあり、その周りの商業エリアとひばりヶ丘駅を結ぶバス通り(中原通りというらしい)にある古めかしい中華料理店「昇龍」へ。


190318 shoryu-27


この道は頻繁に通るので店舗外観は見続けてきたが、とにかく入りにくそうだなぁ… と(笑)。どの角度からも攻略の糸口が見つからないという難攻不落な店構えである。


190318 shoryu-13


店頭の品書きでセットメニューの有無等を確認しつつ呼吸を整えて入店。


190318 shoryu-11


当然のように先客なし。
ちょっと意表を突かれたような反応のおかあさん、ホールの電気をつけ、テレビのスイッチを入れ…。


190318 shoryu-14


なんというか、昨日の「千曲食堂」にも負けないというか…。
店内はあらゆる角度、みごとに年輪を重ねてます。


190318 shoryu-19


カウンターは物置状態で、テーブル2卓のみの小さいお店だ。
お店の人は年配のご夫婦?


190318 shoryu-20 190318 shoryu-21


「昇龍」といえば上野の有名店が思い出されるけれども、もちろん関係ないとは思うが自信ないので断定はしない。
とは思うけれども、「昇龍」といえばやっぱりギョーザしか思い浮かばない。
ギョーザ絡みのセットは… と? 正油ラーメン+ギョーザセット780円しかないようだ。


190318 shoryu-15


「えーと…」と、おかあさんは壁の品書きに注文の品を発見できず (; ^。^A ォィォィ…
注文後ややあって、「このセットでいいのよね…?」ともう一回確認された (-ω-;) ウーム…
出前主体なのか、来店客に慣れていなさそう、というか…。


190318 shoryu-23


ラーメンは濃口しょうゆの清湯スープという東京ラーメンの王道スタイル。
トッピングのバランス感覚もよい。


190318 shoryu-25 190318 shoryu-26
190318 shoryu-24
庇テントか暖簾の色が写り込んで赤っぽく見える。スミマセン…


麺は中太ストレート。肩ロースのチャーシューはかみしめると懐かしい味がする。


190318 shoryu-16


ギョーザは、街中華としては大きめ。具はゆるい感じで野菜主体。
野菜の甘味にニラ、ショウガがキリッと効いている。


190318 shoryu-18


この10年で大きく変わったひばりが丘団地と背中合わせな、何十年も変わらぬ姿のレッドリスト的存在。


190318 shoryu-17


[DATA]
昇龍
東京都西東京市ひばりが丘2-8-4



[Today's recommendation]

wachat190318-2.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




Vangelisの名作『China』のメーキング映像。見どころ(聴きどころ)は 05:57~『The Tao Of Love』
https://youtu.be/BZGui6q-f6o


変わらないために… 【そら屋】

2019.03.18

 東村山市本町の自然食品店「そら屋」で在庫一掃処分セールを実施中。
2008年2月29日の開店から丸11年が経過した「そら屋」。その謝恩セールの意味もあるだろうが、どうもそれだけではなさそうだ。


190318 soraya-11


機関紙『おそらペーパー』によると、昨年あたりから来客数が減少の一途をたどり、在庫維持費用が経営を圧迫するようになったと。
そこで、経営方針の舵切りを図るべく、在庫減らしおよびリニューアルのための資金調達の目的でセールを開催するとのこと。


190318 soraya-13


セールの内容は、冷凍品・調味料類・加工品類はすべて20%引き、卵・パン・アルコール類は10%引き。
セール期間は3月31日(日)まで。


190318 soraya-14-2


セール初日にのぞいてみた。
主な目的は日本酒。


190318 soraya-15


以前、購入した店長さんオススメの純米自然酒「香取」をすっかり気に入っている。
精米歩合9割という、いまのトレンドの真逆をいくお酒である。


190318 soraya-17


ほかにイタリア製オーガニックバルサミコ酢、本葛粉使用のくずきりを購入。
しめて2000円ちょっとと、たいへんお買い得であった。


190318 soraya-18 190318 soraya-19


お店が危機を訴えているのでわずかなりともお力になれればという気持ちもあったわけだが、あとで気づいたがこの購入ラインアップは適切とは言い難い。すべて嗜好品またはぜいたく品のたぐいだ。


190318 soraya-22


食料品店にとって好ましいのは日用食料品のリピーターじゃないかと思う。
もっといえば生鮮品や日配品のお客。


190318 soraya-20-2


生鮮構成比が高ければ相対的に在庫指標は上がる。
しかしそれらは食品ロス問題を抱え… と、在庫管理は素人考えにも難しそうだ。


190318 soraya-16


リニューアルのコンセプトは“脱自然食品店”と、なにやら意味深だ。
もちろんこれまでと取り扱い生産者を変えるという意味ではないだろうが、どのような展開を見せるのか非常に興味深い。

4月1~14日は店内改装のため休業。
そのあと、“新生・そら屋”のお目見えとなる。


190318 soraya-12


[DATA]
そら屋
東京都東村山市本町1-21-23
http://soraya.ne.jp/
https://www.facebook.com/そら屋-1566997446883451/
https://twitter.com/sky45670454



[Today's recommendation]

wachat190318-1.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/pwT1L-FSzEo


幾千もの川を越え 【千曲食堂】

2019.03.17

 西武新宿線の鷺ノ宮駅で降りて散歩するのに、いつもなら阿佐谷に向かうところを、逆方向に行ってみることにした。西武池袋線練馬駅方面、未知の世界である。
途中、典型的な東京郊外の住宅街で特筆すべきことはないが、しいて特徴を挙げればその典型的というところ。子どものころ想像していた東京の町というのはこんな感じだったかもなぁ… という上品で平和な空気感が漂っている。


190317 chikumashokudo-26
練馬区指定文化財・南蔵院鐘楼門


前方に出現した高い建物を目印に進む。
着いてみれば、それは練馬区役所。1996年竣工、地上21階建て。
区役所から駅方面への歩道橋の架かる目白通りを渡ると、いきなり繁華街に。たまに自転車で通ってここの駅前は栄えている印象だったが、商業地域がそれほど広いわけではないのかも。


190317 chikumashokudo-24


おぼろげな記憶で細い路地へ。
以前、そのあたりで偶然見つけたのが「千曲食堂」。それはネット上で見覚えのある外観で、ラーメンなら「栄屋ミルクホール」、洋食なら「キッチンぶるどっく」というような、いわばSランクの昭和食堂として記憶されていたものであった。


190317 chikumashokudo-23-2


11時半で、ちらっとのぞいてみるとお客さんの気配はない。いまなら入れる… 気がした。
聞こえの高い「千曲食堂」に潜入しようとの野心を抱いてやって来たわけではないが、その空虚感には排他的ニュアンスはなくむしろ寂しげでもある。


190317 chikumashokudo-12


ところが、「ほかに誰もいないと入りづらくない…?」と相方。
たしかにそのとおりで、物事には二面性がある… と(笑)。そもそもの目的の一つが食べもの屋の探索でもあるし。


190317 chikumashokudo-25-2


で、駅周辺をひと通り見て回ったが、これといったお店は見つからない。
“これといった”とはすなわち“千曲食堂以上にインパクトのある”ということ。歩いているうちにもそのブラックホール的吸引力はどんどん強まっていくようであった。
12時半、再び「千曲食堂」。


190317 chikumashokudo-11


カウンター9席の細長い店内。
ご高齢のおかみさんが1人で切り盛りしているようだ。


190317 chikumashokudo-13


いたるところ、外観から想像していた以上に年季が入っている。外見はアレでも入ってみれば意外に小ぎれいということが多く、こういう正真正銘なのは久しぶり。僕なんか昭和40年代の光景がフラッシュバックしちゃったりなんかして ( ̄  ̄;) ムム…


190317 chikumashokudo-18


オーダーシステムは、単品料理+定食(ご飯、みそ汁、お新香)200円というもの。
目の前のネタケースに仕込んである大きいコロッケに、まず一品めは決まり。あとはバランスを考えたつもりで焼肉と玉子焼。3品とも350円。それに定食×2。


190317 chikumashokudo-17


あとで思ったが、バランスを考えるなら野菜で、おひたしやおかずケースに並んでいるホウレンソウの卵とじといったものも頼めばよかった。


190317 chikumashokudo-15


壁の品書きの短冊の上に並ぶ大入り額のたぐいを見て「あれ…?」と思った。
いずれも宛名が“宝華さん江”。中華料理店らしい。
気になるので聞いてみた。


190317 chikumashokudo-14


「主人の店なんです」とおかみさん。「肩を痛めてできなくなっちゃって。それで、かあちゃんにできることをやっていくしかない(笑)って、このお店を始めたんですよ」
中華屋さんで肩の故障は厳しい。中華鍋の炒め物もラーメンの湯切りも、肩の動きが基本だ。
食堂の名前はおかみさんのお母さんの故郷、長野の千曲川から。


190317 chikumashokudo-21


3品ほぼ同時にできあがる。
コロッケは、小判形の形状で俵形の厚みがあるというか… 独特の形状&サイズである。衣はカラッと、中はホクホク。タネはほぼジャガイモで、ちょうどよいバランス感覚でひき肉がちらほら。素朴なおいしさで、いくらでも食べられそう。2個350円はお得だ。


190317 chikumashokudo-20


豚バラの焼肉も甘めの優しい味付け。玉子焼は軽く味が付いているが、しょうゆかソースをかけて食べる、なんだか懐かしいおかずだ。


190317 chikumashokudo-22-2


「その中華屋さんはどこでやられてたんですか?」
「ここなんです。食堂の前は中華屋で、でも1年くらいしかやらなかったけど…」
中華屋にしたらこの物件は小さすぎるかと思って聞いてみたんだが、小商いからスタートという時代だったかもしれない。


190317 chikumashokudo-19


「それで、食堂は何年くらいに?」
「59年。始めたのが昭和35年で…」
「35年… まだ生まれてない(笑)」
「あらそう? ずいぶん長くやってきたものですね(笑)」


190317 chikumashokudo-16


[DATA]
千曲食堂
東京都練馬区豊玉北5-32



[Today's recommendation]

wachat190317.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3





https://youtu.be/6cKXMGEF_XY


彩り華やか、春のパスタ 【KIMURAYA59(キムラヤ)】

2019.03.15

 久米川の西友通り(久米川駅南口通り)のパスタ・洋食&居酒屋「KIMURAYA59」を取り上げるのは2回目だが、実際の利用頻度はもっと高い。
ランチ11:30~14:30、ディナー18:00~22:30のはざまの時間帯、16時ごろからコロッケや唐揚げの店頭販売を行う。業態として“パスタ・洋食&居酒屋”に“惣菜”が加わる、と。


190315 kimuraya59-17


さらっと“はざまの時間帯”と書いているが、一般的にここは休憩時間といわれる。
休憩時間に休憩せずに惣菜をつくって売っているわけである。


190315 kimuraya59-23
自家製コロッケ 1個180円(2019.01.11)


冬場ならとっぷり日が落ちて真っ暗ななか、寒風吹きすさぶ軒先に店開きしている。通りかかったら買わずにはいられない。


190315 kimuraya59-16


ランチメニューはパスタを中心とした洋食系であるが、ほかに“特上牛ハラミの網焼きセット(1500円)”というメニューがあることに気づいた。


190315 kimuraya59-11-2


この場所は以前、「韓亭」という韓国料理店で、店のつくりがもろ焼き肉屋居抜きであるが、物件だけでなく料理も引き継いでいる部分があるのかもしれない。
特上牛ハラミ、次の機会にぜひ食べてみたい。


190315 kimuraya59-22


生パスタのランチは旬の食材を取り入れた創作メニューで、毎月更新される。


190315 kimuraya59-12


3月の新作生パスタは、桜パスタ(あさりと菜の花と桜えび)、春野菜のバジルソース春野菜のフリット添え、など。
字づらからも春の息吹が伝わってくるようだ。


190315 kimuraya59-26 190315 kimuraya59-25


1.桜パスタ、5.お肉ゴロゴロポークカレーを注文。
どちらもサラダが付くAセット850円で。


190315 kimuraya59-19


レタスたっぷりのサラダは自家製クリーミードレッシングがおいしい。


190315 kimuraya59-18


カレーはタマネギをじっくり炒めたような甘みが特徴で、フルーティな芳香は、隠し味のワインかスパイスの調合によるものか。
程よいやわらかさのお肉がゴロゴロ。自家製ピクルスが付く。


190315 kimuraya59-13


桜パスタはリングイネを主に、桜色のレジネッテを合わせてある。
桜の花の塩漬けが添えてあり、彩りも香りも華やか。


190315 kimuraya59-20


桜えび、桜色のレジネッテ、桜の花というトリプルの桜に、菜の花の緑と黄色という心憎い演出。


190315 kimuraya59-14-2


華やかランチに、おなかも心も満たされます♪


190315 kimuraya59-15


[DATA]
KIMURAYA59(キムラヤ)
東京都 東村山市栄町2-6-4
https://ja-jp.facebook.com/kimuraya59/



[Today's recommendation]

wachat190315.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/IY73IyK-1uA


Latest Articles
Another long queue in Joji Town 【こしの ひばりが丘本店】 Mar 24, 2019
激変の団地の外れに郷愁の街中華 【昇龍】 Mar 23, 2019
変わらないために… 【そら屋】 Mar 22, 2019
幾千もの川を越え 【千曲食堂】 Mar 21, 2019
彩り華やか、春のパスタ 【KIMURAYA59(キムラヤ)】 Mar 20, 2019
それでもニンニク入れますか? 【らーめん いごっそう】 Mar 18, 2019
なじみのお店にごあいさつ… 的な? 【じろえもん】 Mar 17, 2019
田無宿の変遷と意外な老舗中華 【仲達】 Mar 16, 2019
伝説のその先の… 【御天 井草本店】 Mar 14, 2019
水辺のフレンチなカフェ 【カフェ・ポテリ】 Mar 12, 2019
バッセン併設、逸品うどん 【うどん 桂】 Mar 11, 2019
“サッポロ”というコンテンツ 【コタン】 Mar 10, 2019
Category
Ranking
           
          
Category-2