老舗日本料理店のお得ランチ 【大野家】

2017.09.22

 西武新宿線の小平駅は駅名からして市の中枢を担っているかのような印象を受けるが、実はここは端っこ。で、決して交通の便がいいとはいえない小平市役所は、なんでこんな場所に? と疑問に思うが、地図を見るとちゃんと市の中心に位置している。
なので小平の“行政上の首都”は、駅で言ったら青梅街道駅になる。ずいぶんショボいな(笑)。じゃあ小平駅の機能はというと、墓場の表玄関である。

それで小平駅周辺には法事の会食に対応する店が多いわけだが、日常では縁のないような店ばかりでなく格安のランチサービスを行っているところもあり、こういう業態はすしや懐石がベースとなるのでランチといっても侮れないものがある。
たとえば今年、プチ移転・リニューアルした 光琳亭 は、650円で本格すしランチがいただける穴場中の穴場料理屋である。


ohnoya12.jpg


ネットで“小平×法事×食事”で検索すると、グルメサイトのサブカテゴリーやお店そのものの情報もけっこうヒットする。そこで上位に来るのが、昭和48年創業の日本料理店「大野家」。
こちらは小平駅ではなく市役所の近くにある。なんだかこんがらかってきてしまった(笑)。

霊園に近くないのになぜ法事でヒットするのか疑問に思ったが、お店のホームページを見るとキャッチコピーが“小平市小平霊園、法事・宴会など 日本料理大野家”と、積極的に展開しているようである。
その秘密はキャパシティにある。“当店では、各種宴席・法事による大人数(~60名様迄)のお食事にご対応しております”


ohnoya14.jpgohnoya13.jpg


こちらでは本格的和食のランチをほぼ830円均一で提供。昼はかなりにぎわうが、それには法事とかは関係なく、行政の中心という立地が利いている。すぐ隣に中央図書館と中央公民館、西武多摩湖線の線路を挟んで小平市役所とその関連施設。それらの職員だけでもかなりの安定需要が見込めると思われる。


ohnoya15.jpgohnoya16.jpg


和食というか、なぜか鳥の唐揚げが食べたくなって、こういう店なら、と当たりをつけて行ってみる。
12時半前という昼のピークの時間帯が気になったが、カウンターなら大丈夫だろうと入店。しかし右手のカウンター席は飛び石で埋まっていて、それが全部女性。これはぎちぎちに座るのは気が引ける… と躊躇していると、お店のおねえさんに左手の小上がりを勧められる。3卓中1つが空き。まあいっか… とそこに上がったが、やはり大きい座卓に1人というのは相当居心地が悪い。ぎちぎちのほうがまだよかった、と後悔。


ohnoya17.jpg


それで浮足立ったのもあるが、オーダーが決まらない。とりから定食はあるんだが、値段がちょっと。僕は鳥の唐揚げは安くておいしいものと捉えているので、均一価格が引っかかるのだ。たとえば、とんかつと鳥からが同じ値段だったら、鳥からは頼めない。
逆に言うと、この店のランチメニューはどれも魅力的なので、いったん迷ったら抜け出せない。
メニュー表をにらんだまま固まっていると、
「ど・れ・に・し・よ・う・か・な(笑)」と、注文をとりに来たおばちゃん。
「うーん… これ!」と、見開きトップに載っている海鮮丼を指さしてしまっていた。
なんで海鮮丼だったんだろう? と、あとで何度も首をかしげるのであった。


ohnoya18.jpg


海鮮丼のネタは、マグロ数切れとすき身、カンパチ、サーモン、タコに、白身はヒラメかな。それにトビコ、玉子、カマボコ等と具だくさんの豪華なもの。煮物(鳥肉、油揚げ、ゼンマイ)、お吸い物、香の物が付く。


ohnoya19.jpg


僕のあとにもお客さんがポツポツ入ってきて、1人でテーブルを占拠しているので肩身が狭い。しかし新規客はすべて、僕の位置からは見えない店の奥に吸い込まれていく。
支払いのとき、レジの位置から奥が見え隠れしている。ふすまが2カ所開いていて、その奥の座敷がつながっているとしたらかなりの広さだ。もう大広間といってもいい。それがそこそこ埋まっているから驚きだ。
ちょっと引っ込んだ店先の様子からは想像もできない異空間が、そこには存在しているのであった。


ohnoya11.jpg


[DATA]
大野家
東京都小平市小川町2-1330-17
http://www.k-oonoya.com/index.shtml



[Today's recommendation]

perlemuter ravel
Maurice Ravel
『Le Tombeau de Couperin ~ Piano Works Vol.2』
Vlado Perlemuter(Pf)




chat170922.jpg


スポンサーサイト

思わぬ初物 【たみ家】

2017.09.21

 なぜか仕事が集中してしまい、昨日は昼食に外に出る時間もとれなかった。それでも終わらず、昨日やるべきものが2件、今日に持ち越しとなり、朝7時に取りかかって11時までに終了。しかしそれで終わりではなく、急ぎではないが2件たまっていて、加えて2件、急ぎでヘヴィーなものの予告がそれぞれ別個に来ている。これがいずれもイレギュラーな仕事だから大変なのである。


tamiya20.jpg


予告のうちの1件は昨夜中に来ているべきところ、今日の11時時点で音沙汰がない。いろいろ重なっていてちょっとキビシイ、と僕が言ったからキャンセルになったんだろうと楽観的解釈をして、そうなると午後、少し余裕ができる。


tamiya12.jpg


ちょっと遠くまで行こうと自転車を走らせていて、滝山商店街のあたりでふとスマホを見ると、Gmailが入っている。いま、予告の仕事を送った、と。えーっ もうこんなとこまで来ちゃったよ…。


tamiya15.jpgtamiya14.jpg


もうしょうがない。いちばんタイムロスの少ない方法、それは現在地に最も近い店で昼ごはんを食べてしまうこと。
滝山商店街のやや外れ、以前、ヨーカドー入り口商店街とか名乗っていたごくごく短い路地の正面。ずっと気になっていたが入りにくそうな雰囲気が漂う居酒屋「たみ家」に、勢いでエイヤッと入店


tamiya11.jpg


僕は勝手にチェーン系居酒屋のような雰囲気を想像していたのだが、全然違っていて、店内はかなり狭い。カウンター5席と、掘りごたつ式の小上がりに4人テーブル2卓。それとなぜか隅っこに折り畳み式テーブル・いすがセットしてある。
小上がりにおばあさん3人組。その横のテーブルを勧められたが、さすがに気後れして、何を思ったか折り畳み式に。なんだかお呼ばれした小学生のようになってしまった(笑)。


tamiya16.jpgtamiya18.jpg


表の黒板に書いてあったカキフライ定食800円に。
店内にはプロ野球各球団のユニフォームが飾ってあるから、野球居酒屋って感じなんだろうか。
“ソース2度づけお断り”の注意書きが張ってあるので、大阪串揚げ屋の流れなんかもあるかもしれない。カキフライは正解かも。


tamiya17.jpg


調理担当はEXILE的容姿の寡黙な男性(店長かな?)、それに当たりのソフトな接客係の若い男性という2人体制。
小上がりの3人組のうちの1人が接客係に沖縄方言の指導をしている。よく見ると、風貌といい、これは典型的な“おばぁ”という人種だ。天ぷらそばのようなものを召し上がっている。僕の簡易テーブルにはないので気づかなかったが、ほかの席のメニュー表に目をやるとランチメニューはけっこう種類が多い。


tamiya19.jpg


カキフライは広島産の大ぶりが5個。自家製タルタルソースのほか、ウスターソースのつぼも用意してくれる。写真の木のレンゲはソース用。居酒屋ランチのイメージとは違って、ビジュアル的にもかなり上品な定食である。

今年初物のカキフライ。まさかこのような形でお目にかかるとは思わなかったが、型も味もよく、満足。


tamiya13.jpg


[DATA]
たみ家
東京都東久留米市滝山4-1-20 滝山センタービル2F



[Today's recommendation]

Bunny Wailer - Rock N Groove
Bunny Wailer
『Rock 'N' Groove』




chat170921.jpg


心置きなくアツアツ麺 【谿明飯店】

2017.09.19

 人間が汗をかくのは、汗が蒸発するときに周りから奪う気化熱で体温を下げるためで、したがって暑いときほど発汗を促す食べ物を欲する、というようなことを夏の初めに何度か書いているが、その際あえて気づかないふりをしていた食べ物がある。谿明飯店の生碼麺(サンマーメン)である。


keimeihanten19.jpg


生碼麺とは何か。谿明飯店のホームページに説明が載っている。
――昭和20年代前半、横浜市中区より、少し違う形で発売された、細切りにした野菜と肉のあんかけ麺(肉糸湯麺・ルースータンメン)、これが始まりでした。その後、昭和20年代後半に横浜中華街に於いてもやしを加えて、現在の生碼麺(サンマーメン)になったと言われております――

つまり戦後横浜発祥のあんかけ麺であり、ご当地麺として神奈川県では広く浸透しているラーメンの一種である。僕が最初に出会ったのは30年近く前、当時住んでいた川崎市新丸子の有名店「三ちゃん食堂」でのこと。
いまでは“かながわサンマー麺の会”というものまであり、そのホームページでは、

サンマー麺って…? 秋刀魚が乗ったラーメン?

というお約束ネタがヘッダーのキャッチコピーに使われている(http://www.sannma-men.com/origin.html)。
語源については、“生(サン)は「新鮮でしゃきしゃきした」という意味、 馬・碼(マー)は「上に載せる」という意味”という説が一般的なようだ。


keimeihanten11.jpg


汗かきメニューの話に戻るが、なぜ僕が谿明飯店の生碼麺をしらばっくれて通したかというと、このもの、あんのトロミが強くきわめてアツアツで、盛夏に食す危険さが度を越すと思われたから。滝の汗は必至で、まともな姿では帰れない。
まあ、ぶっちゃけ、去年の夏に食べて大変なことになったんだが(笑)。当方軟弱者につき強者は避けて通る。


keimeihanten12.jpg


それでもときどきは食べたくなる絶品麺だと思っている。
明日は彼岸の入りで、暦の上どころかもはや秋のど真ん中。そろそろ安心して生碼麺を食べられる季節である。
本日の東京の最高気温は28.2℃。まだ早いんじゃないの? と思われるかもしれないが、そうでもない。暑すぎず、なおかつ店内は冷房が効いている。それぐらいの条件がベスト。この先、冷房を使わなくなる季節については、また別の話。


keimeihanten14.jpgkeimeihanten13.jpg


谿明飯店は田無のシチズン時計本社近くの裏道にある。
店頭の古びたショーケースには懐かしの鯉の丸揚げ。“時価”ではなく“ご予約”となっている。っていうか、いまだに扱っていて、ご予約すれば作ってくれるんだ。
店内は入ってすぐのテーブル2卓とカウンター2席のほか、一段高くなった奥の板の間のスペースが広くなっている。座卓が全部で8卓。今日はすいているので奥に上がらせてもらう。
僕はいつも生碼麺700円。半チャーハンを付けることが多いが、諸事情により単品で。


keimeihanten16.jpgkeimeihanten17.jpg


おそらく家族経営の、たぶん3代そろっての切り盛りである。詳しい構成はわからないが、大女将的なお母さんがよく目立つ。今日も常連客と「2階で寝ててもしょうがないしね」などと話している。アツアツ麺のどんぶりを掲げて真横を通られたりするとドキドキするが、ともかくあっぱれである。


keimeihanten15.jpg


生碼麺はしょうゆ味のラーメンにモヤシ主体のあんがかかる。具はほかに、キャベツ、ニンジン、ニラ、豚肉、ナルト。デザート付き(コーヒープリン)。
麺はややウェーブがかかった中細。ベースのスープがしょうゆ前面の味付けで、シンプルなので最後まで飽きが来ない。


keimeihanten18.jpg


落ち着いてゆっくり食べないとたちまち汗が噴き出すので、なるべくペースを落とすように心がけるが、それでも最後は汗ぐっしょりになる。
今日のようなカラッとした日にはそれも爽快。汗の感触にも季節の移り変わりを感じたりする。


keimeihanten20.jpg


[DATA]
谿明飯店(けいめいはんてん)
東京都西東京市芝久保町2-6-21
http://www.keimeihanten.co.jp/



[Today's recommendation]

Diana Ross and The Supremes
Diana Ross And The Supremes
『Greatest Hits Volume I』 / 『Greatest Hits Volume II』




chat170919.jpg


洋食と味の記憶と… 【だんでぃらいおん】

2017.09.18

 東小金井の「だんでぃらいおん」は有名店である。どう有名かというと、キタナ方面でテレビのネタになったり、と。
僕は入ったことはなかったから中のことは知らないが、たしかに外観のインパクトはすごかった。ただ、ツタにびっしり覆われた様子をキタナイと表現するのはどうかと思う。ああいうのはオモムキがあるというんじゃないだろうか。中のことは知らないけど。


dandelion12.jpg


2013年4月、リニューアルオープン。いまでは明るく清潔感あふれるお店となっている。往時をしのばせるのは、隣の建物の外壁にツタの根がへばりついていることと、表のショーウィンドーに例の番組のトロフィーと認定証が飾ってあること。なんだかんだいって、うれしかったんだろうな(笑)。


dandelion13.jpg


こちらのマスターは気さくな親分肌という感じで、昔の学生街の喫茶店のマスターという雰囲気。学生に慕われていそう。今日は同業者風常連客と軽妙なトークを繰り広げている。
ほかに学生アルバイト風の男女。どちらも親切で感じがいい。
オーダーは、僕がLunch Menu Aだんでぃ定食(ハンバーグ、カニクリーミーフライ)800円、妻は同Bスペシャルセット(カニクリーミーフライ、メンチカツ、チキンカツ)700円(どちらもライス、みそ汁付き)。


dandelion14.jpgdandelion17.jpg


僕は洋食を食べることは多くない。というか、年をとるにつれて機会が減っていった。
それだけに、洋食には思い出がそのまま閉じ込められている感じで、洋食屋ではいつも何とはなしに懐かしい気持ちにさせられる。食べて若いころの記憶がよみがえることもある(にな川 参照)。


dandelion15.jpgdandelion16.jpg


オーブン焼き手作りハンバーグは看板メニューのようだ。薄く衣をまとった表面はサクッと、中はみっちりとフワフワの中間タイプ。濃厚なデミグラスソースは手作り感いっぱい。
カニクリーミーフライは、まあつまりカニクリームコロッケで、形が俵ではなく小判でもなく丸形。けっこう大きい。こちらはケチャップベースのトマトソース。
このプレートは2つのソースが楽しめる。


dandelion18.jpg


スペシャルセットはご飯も同皿のワンプレート。中身はだんでぃ定食のハンバーグの代わりにメンチカツとチキンカツ。それでこっちのほうが100円安いから、一緒に頼むとかなりお得感がある。こちらはすべてトマトソース。

2人でAとBというのは正解。売りのハンバーグが食べられ、そのほかに揚げ物が3種類。それで1500円だから、お得感と満腹感が同時に得られる。もちろん味の満足感も。


dandelion20.jpg


ところで、店名の由来がThe Rolling Stonesの『Dandelion』というのは、わりと知られた話のようだ。
ちょっと調べてみると、『ダンデライオン(たんぽぽ)』は『この世界に愛を』のB面曲で、アルバム『サタニック・マジェスティーズ』のセッション時に録音されているがアルバムには収録されていない。
高校生のころ『サタニック・マジェスティーズ』のLPを買ったことを思い出した。というか、まず「ストーンズにそういうアルバムあったなぁ…」というところから、「そういえば、オレ、持ってなかったか?」と。
一切合切忘れていたわけである。


dandelion19.jpg
dandelion21.jpg


味の記憶だけでなく、周辺情報からも何らかの発見や記憶の呼び覚ましがもたらされる。
おじさんがいまどきのラーメン屋に行列している光景をよく見かけるが、そうやって新しい情報に書き換えていくのもいいけど、昔ながらのお店にはこのように懐かしい記憶を呼び起こす力がありそうだ。
そのほうが、より大脳辺縁系の海馬に刺激を与え記憶機能を活性化させることにつながり、認知症予防にも効果的だったりするんじゃないか…?

なんて、図らずも脳の若返りなどということについて考えさせられる敬老の日であった。


dandelion11.jpg


[DATA]
だんでぃらいおん
東京都小金井市梶野町5₋7-20



[Today's recommendation]

Their Satanic Majesties Request
The Rolling Stones
『Their Satanic Majesties Request』




chatdailleurs170918.jpg



chat170918.jpg


雑木林の向こうに突如 新鮮魚介の店 【浜めし 海鮮 ふぃっしゅ】

2017.09.17

 多摩北部医療センターの敷地内を通って東側の裏門的なゲートを出る。そのまま右斜め方向に進んで所沢街道に出るのが僕の自転車ルートだが、ここで立ち止まり右ではなく左を振り返ると、“海の幸”“営業中”ののぼり。
こんな畑と雑木林の真ん中で海の幸って…。何かの冗談かと思った。
今年2月のことである。


fish11.jpg


ここは以前から“ゆば”ののぼりが目を引く食品工場風で、なぜこんなところでゆば? という疑問符付き物件だったが、それが今度は海の幸だから謎は深まるばかりである。
そこで、敷地内潜入調査やネット検索等で探りを入れ、冗談でもなんでもなくかなりちゃんとした営業形態であるらしいという認識には至ったが、それにしても各棟のうらぶれた町工場的外観は飲食店のイメージとはあまりに懸け離れている。こう言っちゃなんだが、食欲が湧かない(笑)。
これは逆に、ものすごいインパクトなわけで、深く脳裏に刻み込まれて消えることがない。怖いもの見たさにも似て、いつか入らずには済ませられないというような。


fish12.jpg


台風18号が迫るなか、自転車や散歩は無理なので車で食事に行くことになった。しかし僕の入るような店で使いやすそうな駐車場を備えているところは少ない。
そこで思い浮かんだのが、ここ「ふぃっしゅ」。ベースが工場や物流センターだから駐車場が広いはず。

駐車場は広いが、やはり搬出入車両などとの兼用で、一般客用の場所にはコーンが置かれ区別されている。舗装が激しくでこぼこで、普段このような場所に立ち入ることはまずない。


fish14.jpgfish13.jpg


ゆばの直売店「大豆工房 むさしの庵」を右手に見て建物の角をさらに奥へ。上りを示す矢印付きの料理写真が張ってある階段。1階作業場・2階事務所というようなつくりのバラックの外付け階段にしか見えないが、これを上る。
それでようやく真新しいお店の入り口となるのであった。古びた建屋とのギャップは大きい。


fish15.jpgfish16.jpgfish17.jpg
fish18.jpgfish19.jpgfish20.jpg


説明があとさきになったが、ここはそもそも1974年設立の活魚卸問屋「㈱ふぃっしゅいんてりあ」の本社所在地(http://www.fishinterior.co.jp/)。産地直接買い付けや独自ネットワークにより国内外から集めた新鮮魚介類を使った魚料理を低価格で提供するという趣旨で、2階倉庫を改装して店舗としたもの。
同社では飲食店向けの活魚水槽も取り扱っており、ここには大小100面に及ぶ水槽が設置され、そこで蓄養されている活魚を使った料理を提供するのが「ふぃっしゅ」というわけだ。


fish21.jpg


入って左手に券売機。各種定食や丼物のほか、浜めし(アジフライと刺し身)、アツめし(漁師めし)が売りのようだ。
浜めし950円(妻)と海鮮丼880円(僕)に。
食券を窓口で渡す。引き換えに番号札をもらう。配膳・お茶・返却までセルフサービスである。
店内はゆったりしたつくりで、テーブル6卓とカウンター10席ほど。先客はテーブルに初老男女、カウンターに若い男女。
無塗装木材のおしゃれで清潔感あふれる内装で、壁には魚のイラスト。


fish23.jpgfish22.jpg


浜めしの刺し身は、ブリ、マグロの中落ち、アジのたたき。アジフライは骨せんべい付き。汁物はつみれ入りのあら汁。それにこちらの目玉商品の一つ、ゆばが付く。
海鮮丼は、定食と同じ3品に加え、マグロ中トロ、イカゲソボイル、煮ハマグリ。同じくゆばとあら汁付き。


fish25.jpg
fish24.jpg


魚介は鮮度抜群、あら汁もゆばもおいしく、全体にクォリティの高さを感じる。こんな場所で、という意外性も大きいが、逆に言うとロードサイドのチェーン店を軽く超えているのは明白だから、そればかりでもない。魚は鮮度が命という非常に単純な真理に気づかされるのである。

立地やセルフというシステムの意図がわかりにくいが、こういう形態は長く続けば地域の実情やニーズに即していろいろ変化していきそうで、それはそれで面白そうである。


fish26.jpg


[DATA]
浜めし 海鮮 ふぃっしゅ
東京都東村山市青葉町1-10-15
https://www.facebook.com/hamamesifish/



[Today's recommendation]

Ismael Miranda Sabor, Sentimiento y Pueblo
Ismael Miranda
『Sabor, Sentimiento y Pueblo』




chat170917.jpg


Latest Articles
老舗日本料理店のお得ランチ 【大野家】 Sep 23, 2017
思わぬ初物 【たみ家】 Sep 21, 2017
心置きなくアツアツ麺 【谿明飯店】 Sep 20, 2017
洋食と味の記憶と… 【だんでぃらいおん】 Sep 19, 2017
雑木林の向こうに突如 新鮮魚介の店 【浜めし 海鮮 ふぃっしゅ】 Sep 18, 2017
匂いをおかずに? 【ながしま 磯とり料理】 Sep 17, 2017
いまも変わらぬバカデカ餃子 【一圓 三鷹北口店】 Sep 16, 2017
基本3品+αの超お得セット 【松華】 Sep 15, 2017
ザ・大衆酒場@立川 【弁慶】 Sep 14, 2017
最高規格の武蔵野うどん 【こせがわ】 Sep 14, 2017
Category
Category-2
スポンサード リンク
Profile

hobohobo

Author:hobohobo
昭和二桁生まれ。
男性。
4人家族に猫♂1匹。
東京多摩地区在住。
守備範囲は瑞穂~杉並、入間~府中。

Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

Counter
アクセスカウンター
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archive
Search
スポンサード リンク
QR code
QR
Link
Comment