穴場的郊外店のがっつり海老ソバ 【さんらいず亭】

2017.09.11

 所沢街道沿い、志木街道との交差点(秋津町三丁目)を少し南に行ったところにある中華レストラン「さんらいず亭」。
この店の位置づけはちょっと独特だ。住所は東村山市久米川町だが、東村山市民の認知度は高くない気がする。
それはたぶん、この店が地域密着型というよりロードサイド店として機能しているから。地元民にとっては、特に用事もなく、しかも混雑するルートという印象がある。だからこのあたりは意識からすっぽり抜け落ちている空白地帯なのかもしれない。


sunrise2-19.jpg


本日は2時近くに通りかかる。もし休憩時間でなければ入ろう、という感じ。駐車場にタクシーが止まっているあたりが、いかにも穴場ロードサイド店的だ。そのタクシーの運転手さんと入れ替わるように店に入る。
入ってすぐのレジのところに“しばらく3時までの営業”という紙が張ってある。ずいぶん前にもこれを見た気がするが、当面夜の営業はお休みということのようだ。


sunrise2-15.jpg


この店はメニューが豊富で、特に定食が充実している。もちろん麺やご飯、それと一品料理を組み合わせたセットメニューも各種取りそろえてある。


sunrise2-18.jpg


ちょっと話がそれるが、そのことで気になっているのが食べログの扱いだ。これだけメニューがそろっているにもかかわらず、この店のジャンルは“焼きそば”。だから食べログ内で“東村山×中華料理”で検索しても引っかかりもしないのである。いまどき、地元の店に入るにも食べログの影響力は大きい。その点、この店は大いに不利益をこうむっていると言わざるを得ないし、認知度の低さとも無関係ではないように感じられるのである。
まあ、この店の黒焼きそばはたしかにおいしいんだけど(ナルトも黒いご当地焼きそば 参照)。


sunrise2-13.jpgsunrise2-14.jpg
sunrise2-11.jpg


麺類のトップに載っている海老ソバ780円を注文。ほかにチャンポンメン、五目うま煮そば、味噌ラーメン、タンメン、モヤシソバと、麺類は炒め具だくさん系が主体だ。定食やセットメニューにも気になるものがいろいろある。


sunrise2-17.jpg


海老ソバも具だくさん、とろみがついたアツアツ麺だ。エビが8匹ものってる。野菜はハクサイが主体で、ほかに青菜とニンジン。
ナルトとカニカマが入っているところが面白い。だからというわけじゃないが、スープの味はけっこうジャンキー寄りかな。昔よく食べたカネボウのカップ麺のチャンポンを思い出した(失礼)。


sunrise2-20.jpg


この店は一度入ってみればけっこう使い勝手がいいことがわかる。僕は自転車を使うので、裏道を行くと案外駅前から近かったりする。ジャンル分けさえ正しければ、このあたりでは「ぼん天」に並ぶ実力派中華と評されているはずだ。


sunrise2-16.jpg


[DATA]
さんらいず亭
東京都東村山市久米川町1-57-8



[Today's recommendation]

Waltz for Debby
Bill Evans Trio
『Waltz for Debby』




chat170911-2.jpg



susuki11.jpg
秋の七草・尾花;ススキ(多摩北部医療センター)


スポンサーサイト

スポンサード リンク

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
Red Listな飲食業態 【けやき台ドライブイン】 Feb 22, 2018
入って初めて見える風景 【大平】 Feb 22, 2018
そば屋の“正統”五目中華 【信濃屋】 Feb 20, 2018
ふと、懐かしの喫茶店メシ 【ランチハウス】 Feb 19, 2018
Starting Over 【大判】 Feb 18, 2018
多摩版 食のワンダーランド 【得得市場】 Feb 18, 2018
なんという高い技術! な熱々麺――寒い冬こそこんな麺⑤ 【燕京】 Feb 17, 2018
ユルさに引かれるチェーン系 【くるまやラーメン 東村山店】 Feb 16, 2018
あふれる肉汁と餃子愛 【餃子一番】 Feb 15, 2018
名物カツは噂にたがわぬ味とボリューム 【藤乃木】 Feb 14, 2018
Category
Category-2