時空を超えるチキンかつ 【かつ秀】

2017.09.12

 昭和的食堂に足を踏み入れた瞬間、周りの空間がグニャッとひずむような感覚を覚えることがある。それが特に強かったのが久米川のそば屋 しなの。そこでは内装や照明の具合、店・客双方側の登場人物のキャラなどによって、見事に昭和40年代的空間が実現していた。
僕がグニャリ体験と呼ぶそういう感覚は、暖簾をくぐった瞬間、自分の中の時間軸といま視界に飛び込んできた光景との乖離によってもたらされる平衡感覚の喪失(目眩)なんじゃないかと思っている。


katsuhide2-19.jpg


初めて入ったとき、「しなの」と同じぐらいグニャリとなったのが、萩山のとんかつ屋「かつ秀」。
ここは外観もだいぶ年季が入っているが、内部のしつらえは素人目にもひと昔もふた昔も前のものだ。照明はオレンジのランプシェードにより昼どきにして落日の色、『三丁目の夕日』的演出効果を上げている。
聴覚効果としてはNHKラジオ第1。不意に『ひるのいこい』テーマ曲が流れたりして、いやおうなしに昭和に飛ばされる(「掘り出されたタイムカプセル」参照)。


katsuhide2-12.jpg


ちなみに、しなのもかつ秀も東村山市萩山町だが、ほかにも ふじのやあさひ揚子江 と、ディープな物件を列挙することができる。萩山町自体、次元の狭間であるかのようだ。


katsuhide2-17.jpgkatsuhide2-14.jpg


本日、入り口の引き戸は網戸になっている。店内が丸見えで、こうなるとグニャリ効果は得られない。
しかし、盛夏はさすがに冷房を使うだろうが、いまぐらいの季節は網戸で十分という、人にも環境にも優しい対応といえる。


katsuhide2-13.jpgkatsuhide2-16.jpg


小さな店で、4人掛けテーブル×2、壁(鏡)に向かった2人掛けテーブル×1、カウンター4席。
テーブル・カウンターの天板も壁も、店内はいつもピカピカに磨き上げられて木材が飴色の光沢を放ち、歳月の経過を感じさせる。
BGはやはりNHK第1で、こういう空間で聴いていると時の彼方より届けられる音声のような錯覚を覚える。


katsuhide2-15.jpg


注文はチキンかつ定食800円。
カツは中サイズが2枚。付け合わせはいつものポテトサラダではなくスパゲティサラダ(リンゴ入り)が別皿で。きゅうりのぬか漬け、豆腐とネギの味噌汁という内容。


katsuhide2-18.jpg


こちらは市内でいちばんおいしいとんかつ屋と勝手に決めていて(といっても専門店は5軒もないんだが…)、個人的評価としては都心の名店にも引けをとらない… かもしれない(採点等は上のリンクより前の記事を参照してください)。
そのようにロースかつはおすすめの逸品だが、チキンかつ定食も味・ボリュームともたいへん満足のいく内容であった。

それにしても、店頭に札が出てる冷やし中華が気になるなぁ。もうシーズンオフだけど。


katsuhide2-20.jpg


[DATA]
かつ秀
東京都東村山市萩山町1-2-3



[Today's recommendation]

Over the Rainbow The Young Judy Garland
Judy Garland
『Over the Rainbow』




chat170912.jpg



miyaginohagi.jpg
秋の七草・萩;ミヤギノハギ(萩山公園)


スポンサーサイト

スポンサード リンク

コメントの投稿

非公開コメント

Latest Articles
レトロ喫茶店でB級グルメ 【アベル】 Feb 24, 2018
再開発の… 明日に架ける 【ことぶき】 Feb 23, 2018
Red Listな飲食業態 【けやき台ドライブイン】 Feb 22, 2018
入って初めて見える風景 【大平】 Feb 22, 2018
そば屋の“正統”五目中華 【信濃屋】 Feb 20, 2018
ふと、懐かしの喫茶店メシ 【ランチハウス】 Feb 19, 2018
Starting Over 【大判】 Feb 18, 2018
多摩版 食のワンダーランド 【得得市場】 Feb 18, 2018
なんという高い技術! な熱々麺――寒い冬こそこんな麺⑤ 【燕京】 Feb 17, 2018
ユルさに引かれるチェーン系 【くるまやラーメン 東村山店】 Feb 16, 2018
Category
Category-2