FC2ブログ

1970’s~80’sそのままのたたずまいの… 【カレーショップ デリー】

2018.09.01

 西武池袋線秋津駅とJR武蔵野線新秋津駅は、両線の乗り換え利用を中心に、ともに乗降客数の多い駅である。
秋津駅の2017年度の1日平均乗降人員は81309人で、西武鉄道全92駅中9位。東村山市内の主要駅としては、東村山駅(49492人、19位)、久米川駅(32758人、29位)を大きく上回る(駅別乗降人員 2017年度版)。ちなみにJR新秋津駅は38860人で、西武鉄道では26位に相当する数字。
両駅間に連絡通路はなく、乗り換え客は街なかを通る。仮に新秋津駅乗降人員の半数を乗り換え客と見積もったとして、1日約2万人が両駅間約360mの狭い通りを行き来していることになる。それに地元買い物客等を加え、ここは商業激戦区。生き馬の目を抜く出店合戦が繰り広げられている。


180901 Delhi-25 (2)


この乗り換え通路となっている商店街は西側が二手に分かれる。距離的に両ルートに変わりはないが、心理的近さ感のある北ルートを多くの人が通り、チェーン系飲食店や地元人気店が並ぶ。


180901 Delhi-29 (3)
突き当りで二手に分かれる。左に「デリー」の看板


一方、南ルートは裏道感が漂い、古い個人店が残っていたりする。
その代表が「カレーショップ デリー」。


180901 Delhi-13


「デリー」は秋津の名物的なお店だが、入るのはこれが初めて。


180901 Delhi-12


われわれは一応地元民なのでここはよく通るしお店も普通に見続けてきたつもりだが、あらためて入り口を間近に見て驚かされる。格子ガラス戸の年季の入り方がただ事じゃない。
店内も同様で、古そうだとは思っていたが、予想以上に年季の入り方に趣がある。


180901 Delhi-20 180901 Delhi-21


創業は1974年とのこと。
カウンターのみ7席の小さいお店で、年配のご婦人が切り盛りしている様子。


180901 Delhi-14


そこが予想というかイメージと違っていて、僕は高齢のマスター像を勝手に思い描いていた。
そのように視点を変えて店内を眺めてみると、なるほど女性の細やかな感性とメンテナンス意識が、こういう文化財的空間の維持管理には欠かせないようにも思えてくる。
ケイトウの花が美しい。


180901 Delhi-19


注文は、カツカレー950円(僕)、チキンカレー600円(相方)。
おばさまは注文を受けてから目の前のコンロで鍋を温め始める。小型の寸胴を2つ同時に火にかけているから、チキンとカツカレー用で別々のようだ。同時に奥の調理場でカツを揚げているもよう。
前もって福神漬け&ラッキョウのセット、ドレッシングやソース類と、順次用意が整っていく。


180901 Delhi-17 180901 Delhi-18


こういったカレーショップは、学生時代はどこにでもあった。西早稲田の西門通りにあった店、新宿サブナードの店、吉祥寺のレンガ館地下なんかによく通った。
店内はまさに1970’s~80’sがそのままタイムカプセルに閉じ込められたかのような趣。
しかしそういった昔のファストフード的カレースタンドよりも、ちょっとていねいに作っている。


180901 Delhi-22


チキンカレーは、S&Bカレーパウダーに少し小麦粉を使いました、というようなぽってり感があって、煮崩れた鶏肉とタマネギが全体に散らばっている。
スパイスの感じも控えめで昭和ナツカシイ味。


180901 Delhi-24


カツカレーはサラダとワンプレートでの提供。
カツは大きなフライヤーを使う専門店式でなく、家庭的というような揚がり具合。カレーはチキンカレーと見た目が違うので、肉なしか…? サラダがフレッシュで好感度アップ!


180901 Delhi-23


帰りしな、ガラス戸の内側の錠が目に留まる。
捻締(ねじしまり)錠というものだ。窓まわりがサッシに取って代わられて、古い家屋でも見かけなくなった。
あまりの懐かしさに写真を撮らせてもらっていると、「おかあさん、大切に使ってきてよかったね(笑)」と常連風のおばさん。
戸は閉めたほうがいいとか看板入れろのと構図の指示が飛んできて、ぎくしゃく。


180901 Delhi-15 180901 Delhi-16


結局、どれもこれも逆光でうまく撮れていない(上右写真)。
おばさま方、すみませんでした (*_ _ )人…


180901 Delhi-11


[DATA]
カレーショップ デリー
東京都東村山市秋津町5-12-1



[Today's recommendation]

Queen A Day at the Races
Queen
『A Day at the Races』

https://www.youtube.com/watch?v=EG6lcAjzwps



wachat180901.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2



180901 kamakiri
ハギとオオカマキリ(東村山市秋津町)


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: カレーショップ

泉大福さま

コメント&情報ありがとうございます。

「レストランボルボ」は知りませんでした。
すぐ近くの焼き肉屋だかとんかつ屋だかわからないお店は、隙があったら入ろうと思ってるんですが…。
こちらはイタリアン&インドカレー… たしかに興味深い組み合わせです。
謎の二毛作の多い地帯なんですね(笑)。

今度探りを入れに行ってみます。

カレーショップ

こんにちは。
入ってみたいけれど機会がないお店のレポート、いつもありがとうございます。
デリーのカレー。次回秋津にいったら寄りたいです。
保谷の北口から行く「レストランポルポ」は、行かれたことはお有りですか?
イタリアン&インドカレーという、謎の組み合わせのお店で、70年代テイストの造りです。
保谷北口からの福泉寺通りと、変電所通りの交差点近くです。

No title

爆爆爆爆爆爆!!!
まだまだ長生きしてくれそうですね。
僕もこんど、あんかけ蕎麦でも食べに行ってきます(笑)

Re: No title

ツキさま

元気にけんかしてました(笑)。

Re: No title

unagiさま

テレビドラマかぁ… なるほど。
そういうふうに感じる余裕があったら、もっと楽しめたかもしれませんね。
記事では触れてないですけど、若い女性2人組がいて、店主さん・常連さんとのやりとりからわかったのは、店主さんのお孫さんと。
まさに1970年代のテレビのホームドラマですよね。ワタクシ的にはTBSの。
そういう切り口で書き直そうかな(笑)。

No title

行かれたのですね、日乃出に⭐︎
オジさんもオバさんも元気がいいです。
学園の街も年々姿を変えてきました。
時間は止められませんが、あのお二人にはいつまでも元気でいてほしいです。

No title

こんばんは
子供のころ見たテレビドラマ・・どれという事はないけれどを
思いました。
カツカレーうまそう。
ねじ式の鍵もなつかしい。
常連さんとのひと時も楽しそう。
いいなぁ・・

Re: No title

ツキさま

でも自分もいままで気にかけているつもりでいて、実は見向きもしてなかったんでしょうね。
入ろう、と決めた途端に、見たこともないものが目に飛び込んできましたから。
こんな引き戸だったのか…!? と。
何十回と店の前を通っていて、不思議です。

ところで、「日乃出」に行ってきました。
おもしろいおかあさんですね♪

No title

失礼ながら、窓の暗さに見向きもせずに通り過ぎそうな外観ですね(スンマセン)
くすんだ鏡の奥に残ったような景色だけれど、センスや企画力で創り出せる紛い物とは踏んだ時間が違う。入ってみればカウンターだけというのも、いかにも旧い街のカレーハウス。らっきょうセットの器が、平成に媚びなかったお店の空気を語っているようです。画像を見ているだけでも丁寧に煮込んだ味が伝わってくるし、全品、昭和で時間が止まったような価格も嬉しいですよね。
ほんと、ほぼほぼさんの嗅覚には毎度恐れ入ります(笑)
Latest Articles
お手ごろ価格の華やぎ弁当 【割烹 清乃】 Dec 10, 2018
41年目の年の瀬に… 【狩勝】 Dec 08, 2018
くるまやをめぐる冒険 【くるまやラーメン 保谷新町店】 Dec 07, 2018
そばをガッツリいきたい! 【国分寺 甚五郎】 Dec 05, 2018
海馬を刺激する甘辛麻婆とVnソナタ 【秀永】 Dec 04, 2018
新そばを求めて 【蕎心庵】 Dec 04, 2018
国産そば粉、重ね煮野菜のお弁当、そして自然酒 【そら屋】 Dec 02, 2018
戦後中華そばの歴史を支えた… 【中野大勝軒】 Dec 01, 2018
落ち葉の精に導かれ… 【ブルボン】 Nov 30, 2018
5の付く日は餃子半額デー! 【四つ角飯店】 Nov 29, 2018
創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】 Nov 27, 2018
北海道直送のお値打ちランチ 【函館 熊の子】 Nov 26, 2018
Category
Ranking
               
          
Category-2