FC2ブログ

鎮守の森を借景に 【宮前寿司】

2018.09.02

 東村山市には意外にすし屋が多いということを書いたことがあるが(「亀八鮨」参照)、隣接するほかの市はどうだろう? ちなみにその記事には次のように記している。

――ここでは非チェーン系ということに限定するが、その中でさらにランチサービスを提供するという条件で絞り込んでも、自分の知る限り該当する店は15店ほどもある。これは、面積にして20%広い小平市よりも、路線価で70%高い国分寺市よりも、すし屋の数で東村山市は50%強上回るという数字になる。

国分寺はともかく、小平市ではその後、一橋学園の「黒潮寿し」、小川の「千成寿し」が残念ながら閉店、比較するのもむなしいばかり。
このように、生活圏である東村山、清瀬、東久留米、小平、東大和、所沢あたりの動向は自然と目につくわけで。
そういった中で、気になるおすし屋さんもいろいろ存在するわけで。


180902 miyamaezushi-20


たとえば東久留米市。
滝山の住宅街に「愛寿司」というお店がある。たぶん誰も知らない。いわゆる隠れ家スタイルだが、滝山くんだりで隠れる必要ある? 三宿や池尻大橋じゃないんだから… という営業スタイルがミョーに気になる。
逆に、大通り沿いに立派な店構えで堂々と商売をしているのが、下里の「宮前寿司」。
隠れていようが堂々としていようが、そこはすし屋、入りにくいことに違いはない。


180902 miyamaezushi-11


「宮前寿司」は、新青梅街道の柳窪交差点(山崎製パン武蔵野工場西のT字路)から東久留米駅方面に向かう道路の中ほどに位置する。この道を新宮前通りという。
「宮前」とは、「日本全国にみられる地名のひとつ。多くの場合、宮とは『神宮社』『神社』『社(やしろ)』を表し、もともと神社等の参道周辺の地域を指した」(Wikipedia)ものであり、この場合のヤシロは下里氷川神社。
通りを挟んで神社の真向かいにお店はある。


180902 miyamaezushi-24
左手の森が下里氷川神社


一応、幹線道路沿いとはいえ、一帯はもともとは畑。
商業エリアから離れ人通りは少なく、消費人口が多いとも思えない。
いったい誰が入るんだろう…? という疑問はぬぐえない。


180902 miyamaezushi-12


われわれも今日ここに入ることになるとは、これっぽっちも思っていなかったわけで。
その先に向かうはずが、台風21号の先ぶれで空模様が安定せず、雨宿りのような形で入店した次第。

そういういきさつでもない限り、なかなか入る理由が浮かんできづらい。
ただ、昼の営業は不規則とみていただけに日曜でランチサービスの看板は意外でもあり、これらすべてのことが予定調和のように思えなくもないのだが。


180902 miyamaezushi-19 180902 miyamaezushi-18


先客がないということも、なんとなく予感のまま。って、お店の人もいないんだけど(笑)。
気配を察し奥から出てきた大将が、客席の明かりをつけて回る。
念のためランチをやっているか確認したうえで、カウンターの端の席へ。


180902 miyamaezushi-15


外観から想像されるとおり広く立派な店内で、カウンター8席、小上がりに4卓。
入り口すぐのところに階段があるので、2階も客席になっているもよう。


180902 miyamaezushi-16


大将は意外に若く、僕ら世代だろうか。気さくそうに見えるが、愛想をするようなタイプでもなく、AMラジオの音だけが流れている。あとは客同士(わしら)の会話の声。


180902 miyamaezushi-17


不意に横の暖簾をくぐっておかみさんがサラダを持ってくる。
少しおいて、大将からカウンター越しにチラシ寿司の木の大鉢、そしておかみさんがお椀… と、言葉少なに(機械的でもなく)粛々と進行するシステムというのは嫌いじゃない。


180902 miyamaezushi-21


チラシのネタは、マグロ、タイ、しめさば、タコ、甘えび、とびこ、玉子、かまぼこ、など。
シャリの上には刻んだかんぴょうや桜でんぶなどが敷いてある。
仕事がていねいでネタもよい。本まぐろやしめさばなんか、抜群においしい。
畑の真ん中のような土地で新鮮な魚というのも不思議な感覚。


180902 miyamaezushi-22


突然2階から人が下りてきた。それも3人。
1人は「ごちそうさま」と出て行ったので、客に違いない。残り2人は再び2階へ。
まったく気づかなかったが、階上は宴会の最中だったようだ。
建物のつくりがよっぽどしっかりしているとみえて、ぜんぜん物音がしなかった。


180902 miyamaezushi-13


町内会の会合のような感じで、こういう立地でも顧客はちゃんとついている。
水槽にはイサキのような魚影が見えるし、目の前のネタケースもけっこう埋まっている。

実際、近所にこういうお店があったらうれしい。
昼でも夜でも、まったり居心地よさそう。
構えはどっしりしているが、こういうのはやっぱり隠れ家感覚っていうんだろうな。


180902 miyamaezushi-23


[DATA]
宮前寿司
東京都東久留米市下里2-9-37



[Today's recommendation]

Delius-Elgar Neville Marriner
『Delius-Elgar』
Neville Marriner(Cond)/ Academy of St. Martin-in-the-Fields

https://www.youtube.com/watch?v=Ymdhiv3cD4s



wachat180902.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

そうですね。とても穏やかに宴会が執り行われていたのでしょう(笑)。
消防団の利用が多いという情報をいただきました。
そういう宴会だったらぜひ参加したいですね。

丁寧で心のこもったランチだと思います。
オトクです。

No title

この規模の屋台骨を支えていくには、やはり宴会の仕切りが必要なのでしょう。
役所やら団体などの大八車を引いてくることができれば良いけれど、接待し、されるという人たちの中には誤った二心を持つ客も散見されるのは営業の今昔。その日、座敷の客の色は落ち着いていたと見ます。ご店主の年齢から察するに、二代目でしょうか。出すぎた強い押しこそ見られないが、客を選別する目とゆとりはあるのかもしれません。
包丁の丁寧さと、トマトに入れた切り込みの心づかい。真面目な仕事が生き残っていけるよう、よそ者でありながら切に願う次第です。
Latest Articles
お手ごろ価格の華やぎ弁当 【割烹 清乃】 Dec 10, 2018
41年目の年の瀬に… 【狩勝】 Dec 08, 2018
くるまやをめぐる冒険 【くるまやラーメン 保谷新町店】 Dec 07, 2018
そばをガッツリいきたい! 【国分寺 甚五郎】 Dec 05, 2018
海馬を刺激する甘辛麻婆とVnソナタ 【秀永】 Dec 04, 2018
新そばを求めて 【蕎心庵】 Dec 04, 2018
国産そば粉、重ね煮野菜のお弁当、そして自然酒 【そら屋】 Dec 02, 2018
戦後中華そばの歴史を支えた… 【中野大勝軒】 Dec 01, 2018
落ち葉の精に導かれ… 【ブルボン】 Nov 30, 2018
5の付く日は餃子半額デー! 【四つ角飯店】 Nov 29, 2018
創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】 Nov 27, 2018
北海道直送のお値打ちランチ 【函館 熊の子】 Nov 26, 2018
Category
Ranking
               
          
Category-2