FC2ブログ

気ままにふらっとクラフトビール 【Distant Shores Brewing】

2018.09.09

 昼に食べた「ミノールマルシェ」のピザが期待以上のおいしさだっただけに、もやもやするものがある。
ノンアルコールビール、残念すぎ… ε~( ̄д ̄ ;)ゞ ハァー…

かたき討ちじゃないが、おいしいビールを飲みに行くことにした。
日曜日は「Distant Shores Brewing(DSB)」のテイスティングルーム営業日。
夕方、ぶらぶら歩いて向かう。


180909 DSB-11


DSBは去年11月に東村山市秋津町に設立されたビールブルワリーで、毎日曜午後(1 PM- 6 PM)にテイスティングルームをオープンしている。


180909 DSB-12


DSBは、いわゆるクラフトビールの醸造所。
クラフトビールとは何か。
――アメリカ合衆国における小規模なビール醸造所(マイクロブルワリー)の業界団体であるブルワーズ・アソシエーションは、クラフト・ブルワリー(craft brewery)を“小規模、独立、伝統的(small, independent and traditional)と定義している。(Wikipedia)

日本でも全国地ビール醸造者協議会(JBA)が「クラフトビール(地ビール)」の定義をしており、同様に「独立・小規模・伝統的」を要件としている。
つまり、四大メーカー以外の地域密着型の小規模醸造所で造られるビールと考えればわかりやすい。品質が重視され、大手メーカーに比べ種類が豊富で、個性あふれる多様なビールを手掛けることが特徴とされる。


180909 DSB-13-2


テイスティングルームでは新作が2品出ている。
せっかくなのでその新作、Sunset Wheat AleとMärzen(Oktoberfest)を頼む。


180909 DSB-14 180909 DSB-15


ビールを受け取るとき写真を撮らせてもらっていると、スタッフのおねえさんが絵づくりに泡を足してくれた。
たしかに、こちらのつぎ方は泡にあまり頓着しないように感じられるところが、個人的にはちょっと残念。ブルワーはバーテンダーじゃないので… と割り切って考えていたが、改善ポイントはスタッフがいちばん認識しているということ。


180909 DSB-16 180909 DSB-17


Märzenはジャーマンラガーとある。
DSBの製品は、ペールエール、IPA、スタウト、ウィートエールなどエールビールが主体だと思うので、ラガーは珍しいかも。
長く日本のビールを飲んできた人間にはなじみのある苦みを感じる。クラフトビールらしい複雑なコクがうれしい。うまみがじんわりやって来る。

Sunset Wheat Aleは名前からして小麦のビールだと思うが、とろみを感じるやさしい味わい。
酵母という文字をあらためて考える。こんなにおいしいものをつくり出す、母は偉大なんだなぁ。


180909 DSB-21


発酵&貯酒タンクの棟の窓が開いていて、中から音楽が漏れている。
日本酒の発酵を促進させるためとかでクラシック音楽を流している蔵があるという話を聞いたことがあるが、こちらはUKロック。
芯の通ったエールビールが醸し出されそうだ。


180909 DSB-18


日曜の夕方、クラフトビールのお店に歩いてふらっと出かけられるぜいたく。


180909 DSB-22


[DATA]
[DATA]
Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)
東京都東村山市秋津町3-14-2
https://distantshoresbrewing.com/
https://ja-jp.facebook.com/dsbrewteam/



[Today's recommendation]

The Verve Urban Hymns
The Verve
『Urban Hymns』

https://www.youtube.com/watch?v=1lyu1KKwC74



wachat180909-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

こちらはビールの醸造管理システム開発会と、醸造所併設パブ2社による3社共同プロジェクトのようです。
馬力的には、どうでしょう…?
新作にOktoberfestの名を冠しているように、ここからの季節に攻勢をかけ、飛躍することを期待します。

No title

街中で醸造所をスタートさせるなんて、相当な馬力と勇気が無ければできないことですよね。
自分が知っているのは西立川にある有名所ですが、あちらでも働き手によるビールの扱いにガッカリさせられた記憶が(笑)大きな後ろ盾があっての築城だったと聞いていますので、オーナーの趣味の域を越せなかったのか。。
それにしても、規模や扱い品目の割り切りなど、どちらのお店にとってもご苦労が多い冒険です。真夏の湿気にグラスが汗を吹く最盛期より、泡も香りも楽しめるこれからが旬。末永く街に馴染む碑を築いて欲しいものですね。
Latest Articles
お手ごろ価格の華やぎ弁当 【割烹 清乃】 Dec 10, 2018
41年目の年の瀬に… 【狩勝】 Dec 08, 2018
くるまやをめぐる冒険 【くるまやラーメン 保谷新町店】 Dec 07, 2018
そばをガッツリいきたい! 【国分寺 甚五郎】 Dec 05, 2018
海馬を刺激する甘辛麻婆とVnソナタ 【秀永】 Dec 04, 2018
新そばを求めて 【蕎心庵】 Dec 04, 2018
国産そば粉、重ね煮野菜のお弁当、そして自然酒 【そら屋】 Dec 02, 2018
戦後中華そばの歴史を支えた… 【中野大勝軒】 Dec 01, 2018
落ち葉の精に導かれ… 【ブルボン】 Nov 30, 2018
5の付く日は餃子半額デー! 【四つ角飯店】 Nov 29, 2018
創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】 Nov 27, 2018
北海道直送のお値打ちランチ 【函館 熊の子】 Nov 26, 2018
Category
Ranking
               
          
Category-2