FC2ブログ

洗練度を増す? 和風だしラーメン 【 一ツ橋 大勝軒】

2018.09.12

 西武多摩湖線一橋学園駅近くの「大勝軒」は、この地域に移り住んで真っ先に通い始めたラーメン屋の一つ。
立川市中央図書館で蔵書整理につき何冊かもらってきた中に、古い多摩地区のラーメンガイド本があった。
そこに掲載されていたラーメン屋の一つが「一ツ橋 大勝軒」。
椎名誠のエッセイにしばしば登場する店と紹介されていた。


180912 h-taishoken-11


当時は市役所通りを現在地より50mほど北、いまでいえばインドカレー「ナマステ・ネパール」のあたりにあった。
現店舗に移転後、引退宣言→撤回騒動(2009年)を経て後継者を得て、初代店主はあらためて無事引退(2014年)、2代目が引き継いで現在に至る(前報参照)。


180912 h-taishoken-12


一ツ橋の大勝軒といえば、煮干し。お店の昔からの表現は“和風だしラーメン”。
先代のころは店に染み付いた強烈なにおいの印象もあって、好き嫌いのはっきり分かれるラーメンだった。


180912 h-taishoken-20


もう一つ、麺のゆで加減。入ったことはないがこの系統のおおもと「永福町大勝軒」でも取り沙汰される、麺やわい案件。
この店の移転前、並びの学園西町交番の向かいあたりに本屋があって、そこで時間をつぶしつつ11時半に大勝軒に暖簾がかかるのを待つのが常だった。開店一番に入れば、少しは麺もシャキッとしてるんじゃないかと(笑)。いまのように「麺かため」とコールするシステムが世の中になかったから。


180912 h-taishoken-17


このように、僕の中で「一ツ橋 大勝軒」といえば御し難い暴れ馬のごときラーメンだったが、去年、代替わりして初めて入って、その印象はだいぶ変わった。
ひと言でいえば洗練された。
食べやすくなったのは間違いないが、一方で荒々しい魅力は薄れたのかも…。


180912 h-taishoken-15


“新生”大勝軒に2度目の来店。注文はラーメン800円。
入った瞬間の強い煮干しのにおいは相変わらず。個人的には郷里の中華屋のさば節のラーメンを思い出させる追憶の匂い。
カウンターの僕の座った位置からはラーメン製作工程がよく見え、どんぶりにスープを注ぐとき、湯あたりした煮干しが濾し網にキャッチされたりしている。


180912 h-taishoken-13
180912 h-taishoken-14


スープがなみなみに張られた大きなラーメンどんぶりの載ったトレーをカウンター越しに渡される。
ぶちまけないか、緊張の瞬間である。
この量と、スープ表面を覆う熱々の油膜も、永福町系大勝軒の特徴。


180912 h-taishoken-16


感想としては、去年よりさらに食べやすくなった。
スープの風味は強すぎず、麺にはしっかりコシがあり、量は多すぎず(量に関しては、もちろん主観)。先代のころよりはるかにグレードアップしたチャーシューは、そのままに。
ぱっと見、いかついが、その実ていねいで優しい2代目のソフィスティケートされた接客にも通じると言ったら、こじつけか。


180912 h-taishoken-18 180912 h-taishoken-19


もともと、なにかと要求点を感じつつも通っていたのは、単純に煮干しだしのスープが好きだったから。誰もが食べやすく、という方向性、僕は悪くないんじゃないかと思う。
椎名誠さんがどう感じるか、興味深いところではある。

――この店にはじめてきた客が、
「おう、おやじラーメンたのむ。大盛りでな!」
 なんて必要以上にエバリながら注文し、意味なく「チッ」などと舌打ちしつつ店の中にある「ゴルゴ13」などをみけんに二、三本のタテジワをつくってパラパラやっていたりするのだが、間もなくこのチョモランマふうの大盛りラーメンが眼の前にドオーン! と出されると
「あ、あの、ちょっとコレ、えーと……」
 などと言いつつかなりローバイしてしまうのである。ザマミロなのである。
(― 闘魂の大盛りラーメン「大勝軒」のおやじ 小野塚富雄 ―、『いま この人が好きだ!』、椎名誠、新潮社、1983)


180912 h-taishoken-21


[DATA]
[DATA]
一ツ橋 大勝軒
東京都小平市学園西町1-20₋2



[Today's recommendation]

The Dramatics Dramatically Yours
The Dramatics
『Dramatically Yours』

https://www.youtube.com/watch?v=RXxnMP3hsVk



wachat180912.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

kenbooさま

三鷹の大勝軒は永福町系でしたか。
大勝軒では経験上、(中野を除けば)永福町系が好みみたいなので、「三鷹大勝軒」気になりますね。

駐車場はどうでしょう…?
この通りは自転車止めるのもキビシイくらいにごたごたしてますので、パーキングは要事前チェックでしょうね。
まあ脇道に入ればいくらでもありそうですが。

No title

永福町系大勝軒って確か三鷹にもあったはずですが、
いずれのお店も未食なんですわ。でもこの見た目は
旨そうですねぇ。

たらいのような丼や、でっかいレンゲ?とかのイメージ
しかないのですが、透き通ってるスープだけと煮干し系
というところが気になります。

駐車場が無いのがちょっとネックですが、この辺なら
コインパーキングがありそうなので、行きたい店に
チェックしておかねば!

Re: おばんです

つかりこさま

いや、保谷も多いですよ(笑)。
昔、まだ駅前の交番の隣にあったころ、保谷の大勝軒ではけっこう食べました。あのころはまだ並ばずに入れましたので。接客の感じもいいので好きなお店でした。
永福町は入ったことないです。いつも混んでいて。
昔は一橋もこんな澄んだスープじゃなかったと思うんですが、生真面目に追求していってる過程でこうなっているような…?

シントコも入ったことありますよ。
すごく狭かったような記憶と、相席だったような記憶と…
そんなんで落ち着かず、味はまったく覚えてません(笑)。

Re: No title

ツキさま

昔、大勝軒といえば盛りのいいラーメン・つけそばの代名詞的でしたが、いまはそれは当たり前という時代ですしね。
秋川はさすがに土地勘ありませんが、青梅とか五日市とか、西のほうに行くといつも食事処に苦労するので、秋川大勝軒、覚えておきます(笑)。
情報ありがとうございます。

おばんです

おー、一橋学園にもあるんですね、のれん分けが。
僕は、永福町と保谷には行ったことがありますよ。
保谷はそうでもなかったかもしれませんが、
永福町の本家は、麺の量が多かったです。
たしか、フツー盛りで2玉だったかと。
それをペロリと食べる人ばかりでめっちゃ混んでいて、
「心からラーメンの好きな人の集まる店なんだ」と
感慨にふけった記憶があります。
たしか、どちらも少し濁ったスープだったと思います。
こちらは逆に、澄んだスープなんですね。
シントコには、池袋のほうの大勝軒ののれん分けがあります。
これまた、麺を大量に食う人たちで連日にぎわっていますねー。

No title

大盛りたのんで、チッ、ここも大したことねぇなと店を後にするのが漢ってぇもんですよ、兄さん(っププっ)
顔で笑って胃袋で泣いて、、っププって、もはやゲップするのも辛いでしょうが。

僕は秋川駅そばの大勝軒へ行くことが多いのですが、ワンタンの餡にニンニクが効いていて虜に。
スープは濁り気味の洗練されていない大勝軒ですが(笑)
以上、西のドンブリ情報をおはる。
Latest Articles
お手ごろ価格の華やぎ弁当 【割烹 清乃】 Dec 10, 2018
41年目の年の瀬に… 【狩勝】 Dec 08, 2018
くるまやをめぐる冒険 【くるまやラーメン 保谷新町店】 Dec 07, 2018
そばをガッツリいきたい! 【国分寺 甚五郎】 Dec 05, 2018
海馬を刺激する甘辛麻婆とVnソナタ 【秀永】 Dec 04, 2018
新そばを求めて 【蕎心庵】 Dec 04, 2018
国産そば粉、重ね煮野菜のお弁当、そして自然酒 【そら屋】 Dec 02, 2018
戦後中華そばの歴史を支えた… 【中野大勝軒】 Dec 01, 2018
落ち葉の精に導かれ… 【ブルボン】 Nov 30, 2018
5の付く日は餃子半額デー! 【四つ角飯店】 Nov 29, 2018
創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】 Nov 27, 2018
北海道直送のお値打ちランチ 【函館 熊の子】 Nov 26, 2018
Category
Ranking
               
          
Category-2