FC2ブログ

老舗そば屋で秩父名物 【大むら 本店】

2018.10.14

 車で秩父へ観光に行った。
と書くと予定された行動のように思われそうだが、行き先が決まったのは車を走らせるとき。「じゃ、秩父でも行くかぁ…」と。


181014 ohmura-37


アベノミクスのせいかどうか知らないが、最近、道路整備事業の進展が速く、さすがにナビなしでは車で遠出しづらくなった。
ナビはスマホのアプリで十分のような気もするので、とりあえずGoogleマップアプリのナビ機能を使ってみよう、というのが今回の趣旨。


181014 ohmura-11


走り始めてしばらくすると、スマホが何かしゃべってる。
「○○交差点を右折」
いやいや、僕は左折したいのだ(笑)。


181014 ohmura-16


そんな感じで飯能の街を抜けるまでに5回ぐらいナビとけんかして、あとはR299をひたすら走るだけだから案内不要。ナビさんも沈黙。
最後に2回右折の支持をいただいて、「道の駅 ちちぶ」に到着。


181014 ohmura-12 181014 ohmura-13
181014 ohmura-14 181014 ohmura-15


11時半近かったので、とりあえず昼ごはん。
道の駅に置いてあった「観光×食べ歩きマップ秩父2018」を手に街を歩いてみる。


181014 ohmura-17


でもやっぱり、(ここまで写真でお伝えしたとおり)秩父神社へのお参りは、食事より先に済ませましたよ(笑)。


181014 ohmura-36


最近、そばガレットのワークショップに参加してそばづいてる人がいて、「秩父といえばそばでしょ」と。
そうなの…? たしかにマップにはそば屋がたくさん載っている。


181014 ohmura-19


そばに異論はないが、こういうとき本格手打ちそばのお店だと、生まじめさゆえにこの浮ついた気分に水を差されかねない。いかにも観光地、というあか抜けないお店がいい。


181014 ohmura-20 181014 ohmura-21


ということで、店名からヤマ勘で選んだのが「大むら 本店」。
参道(番場通り)から1本西の裏道に位置する。


181014 ohmura-22


ヤマ勘のわりに、われながら鼻が利くというか、あとで調べてみると「大むら 本店」は秩父で一番の老舗だそうで、創業明治17(1884)年という情報がいくつか見つかった。


181014 ohmura-23


広めの店内に席がゆったり配置してある。真ん中の12席の大テーブルのほか、6人掛けテーブル、4人掛けテーブル×2、小上がりに座卓4人×3、2人×3。


181014 ohmura-24 181014 ohmura-25


「秩父といえば、わらじ丼でしょ」と相方。そうなの…?
僕は知らなかったが、たしかにおいしそうなのでミニわらじ丼セット(そばは小もりを選択)1030円に決める。もう一品は、とり南そば700円。


181014 ohmura-26


先客は5組15人ほど。オペレーションがちょっと変わっていて、1組分作り終わったら次の組に取りかかる、みたいなのんびりペースだ。入店から料理提供まで、実に45分を要す ( ̄▽ ̄;) アハハ…
別に決まった用事ないからいいけどね…。


181014 ohmura-29


わらじ丼はいわゆるソースカツ丼だが、カツが2枚のって一足… で、わらじだそうだ。そば屋だけにそばつゆの配合されたソースが絶妙で、甘さがきつくなく上品。
セットの小もりそばのつゆが洗練された辛口で驚いたが、それがわらじ丼のおいしさの秘訣でもあるのだろう。


181014 ohmura-30


とり南そばのネギがやわらかくおいしい。寒さにあたって甘くなったのもいいけれど、この時期のフレッシュでさっぱりした感じもいいなと思う。
温かいそばがおいしい空気感だ。


181014 ohmura-32


食べ歩きマップのクーポンで、ミニわらじ丼セットは50円引きに。


181014 ohmura-34 181014 ohmura-35


お店を出て、街をぶらぶら。
そのあとも寄るお店といえば、たべもの屋ばかりなのだった ( ̄∇ ̄)

(つづく)


181014 ohmura-33


[DATA]
大むら 本店
埼玉県秩父市東町12-17



[Today's recommendation]

Tchaikovsky Swan Lake
Peter Ilyitch Tchaikovsky
『Swan Lake(Schwanensee)』
Daniel Barenboim(Cond)/ Staatskapelle Berlin

https://www.youtube.com/watch?v=-sLodiqKpzg



wachat181014-1.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ツキさま

伊勢丹の北の細い路地が何本か通っていた街区が伊勢丹くらいでかいビルになっていて、訳がわからなくなってますね。
多くのお店が退去させられたと思われるなか、某カレーチェーンはしっかり新ビルに入居していて、なんだ、京王のプロジェクトかよ… みたいな。
どさんこ、忘れないようにしよう(笑)。

No title

府中の駅周辺ですか、、まぁ確かに一方的に鼻につく文化の匂いを押し付ける街づくりを進めた感が拭えませんよね。入る店を選ぼうにも、、う〜むと顎の先を指でさすって素通りというお店が少なくないような(寂)

たしか、伊勢丹が築城してから何年経つでしょうか。閉店するとの発表を受けて止む無しの思いですが、それでも今の府中の街には体力が整っているように感じます。大樹の陰に擦り寄りながら生き延びてきたむきには、ここからが正念場です。頑張ってほしい。。
吉祥寺とは比較にならない地元民に特化した商業集積だけど、三十年前と比較すると段違いの体力と、来街者の購買力の成長が見て取れます。急成長した聖蹟桜ヶ丘とも少し似ていると思いますが、こちらは国府の歴史と一緒に大きな神様をお迎えした場所です。官と民の厚みが多摩市のそれとは違う。
その後の府中に期待ですかね(笑)

P.S.どさんこ。つい忘れてしまう。そんな感じがhobohoboファイルには向いているのかも(苦笑)

Re: No title

ツキさま

全大むらの本店なのかどうかはわかりませんが、歴史はありますよね。
近くにある“本店”の付かない「大むら」のほうが人気みたいですけど(地元の古い人は“支店さん”と呼ぶという情報も)、そういう点でも歴史とか格とかにあまりこだわりはないのかもしれません。
媚というより、あっけらかんな感じでしょうか。
「どさんこ」といえば、先日久しぶりに府中に行ってみて、駅周辺のあまりの変わりようにお店をいろいろ見つけられず、何も食べずに帰ってきちゃったんですけど(笑)、あとで「あ、どさんこ行ってみればよかった」と思い出しました。
今度行ってみようかな…。

No title

大むらの本店って、秩父にあったんですね。今の今まで、ぜんぜん知りませんでした。しかも、それほどの名店なのに土地の名物わらじカツ丼を出しているなんて・・なんかヘンな気も。
そう言えば、小鹿野方面へ向かう途中にあった どさん子 にも わらじカツ丼の立て看板が立っていたような。
やはり観光地に店を構える以上は、ある種の媚も武器にしないといけないのでしょうね。
Latest Articles
お手ごろ価格の華やぎ弁当 【割烹 清乃】 Dec 10, 2018
41年目の年の瀬に… 【狩勝】 Dec 08, 2018
くるまやをめぐる冒険 【くるまやラーメン 保谷新町店】 Dec 07, 2018
そばをガッツリいきたい! 【国分寺 甚五郎】 Dec 05, 2018
海馬を刺激する甘辛麻婆とVnソナタ 【秀永】 Dec 04, 2018
新そばを求めて 【蕎心庵】 Dec 04, 2018
国産そば粉、重ね煮野菜のお弁当、そして自然酒 【そら屋】 Dec 02, 2018
戦後中華そばの歴史を支えた… 【中野大勝軒】 Dec 01, 2018
落ち葉の精に導かれ… 【ブルボン】 Nov 30, 2018
5の付く日は餃子半額デー! 【四つ角飯店】 Nov 29, 2018
創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】 Nov 27, 2018
北海道直送のお値打ちランチ 【函館 熊の子】 Nov 26, 2018
Category
Ranking
               
          
Category-2