FC2ブログ

創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】

2018.11.25

 今日は珍しく昼ごはんのお店が決まっているので、散歩コースもおのずと合理的で動きに無駄がなくなる。

立川駅北口の駐輪場に止め、高島屋の裏を通って曙町二丁目交差点から立川通り、「幸喜寿し」の路地を抜けシネマ通り、そのまま緑川通りを突き当たりまで。この間、興味深いお店を5軒ほど新発見。

中央線のガードをくぐり、錦町1丁目エリアへ。
ウインズ前を通ってたまたま気づいてジャパンカップの馬券買ったりと、行き当たりばったりの動きを交えつつ、立川南通り(江戸街道)から諏訪通りへ。
昼ごはんのお店はこの古い商店街の先。


181125 fukuraiken-25


時間が前後するが、今日11月25日は立川諏訪神社の酉の日(大鷲祭)三の酉。
食事のあとにのぞいてみた。


181125 fukuraiken-29


酉の市は初めてなので状況がつかめないが、人出がほぼないと言っていい。
時間がまだ早いのかな? でも参道の骨董市は2時で店じまいを始めている。


181125 fukuraiken-30


人のまばらなよく晴れた晩秋の境内で、遅い七五三参りの家族連れに混じってお参りを済ませる。


181125 fukuraiken-26


1時間ほど時計を巻き戻して、昼ごはん。
諏訪神社の酉の市の屋台が並ぶ通路から東門を出てすぐの三差路角地の中華料理店「福来軒」。


181125 fukuraiken-11


創業大正元年。
現存最古ともいわれる老舗中華店である。


181125 fukuraiken-12


実は街を歩いている最中に諏訪神社の酉の市のポスターをあちこちで見かけ、混むことを覚悟したが、そうでもなかった。まあ、前述のように神社の人出自体がないので…。


181125 fukuraiken-13 181125 fukuraiken-14


いわゆる昭和の街中華の年輪を重ねたたたずまいとは違って、店舗物件自体が古いわけではない。モノトーンのどちらかといえばモダンな内装である。BGMはJazz。


181125 fukuraiken-17


入り口横に白黒の店舗写真のパネルが飾ってある以外、老舗を感じさせる要素はないと言っていい。
年配客がほとんどで、若い男性がフロアマネージャー的に各テーブルに目配せをしている様子がホスピタリティの高さを感じさせ印象的。


181125 fukuraiken-18


注文は、ミニ丼セット(半中華そば付)850円のB、チャーハン。
メニュー表に書いてある「100円増しで,中華そば普通盛りにできます」をお願いしようとしたが、相方が却下。
もう1品はチャンポンメン980円。


181125 fukuraiken-15181125 fukuraiken-16


ミニ丼セットのBは、わかりやすくいえば“半チャーハン・半ラーメン”セット。しかし“半”というにはどちらも多く、感覚的には“8割チャーハン・8割ラーメン”。
“100円増し”しなくてよかったと思いました。


181125 fukuraiken-19


チャーハンはオーソドックスなタイプで、具はチャーシュー、卵、ナルト、ネギ、干しエビ。
てっぺんに飾ってあるのがグリーンピースではなく枝豆というあたりが、老舗の粋…??


181125 fukuraiken-20


いわゆる街中華ではなんてことのない普通のラーメンを期待するが、ここのラーメンはそんな平凡なものとはちょっと違う。
特に自家製という麺が個性的。無漂白粉を使っているような灰色がかった、パスタのリングイネを思わせる平打ち麺。
スープは少し酸味のあるあっさり味。丼の底に節粉が沈んでいる。



181125 fukuraiken-21


 チャンポンメン――2018-19秋冬メンコレ⑤ 【福来軒】

あんかけチャンポン。しかも卵とじ。
熱々麺の名品だと思う。


181125 fukuraiken-22


具の野菜は、ハクサイ、キャベツ、タマネギ、ニンジン、キクラゲのほか、枝豆が入るところが、チャーハン同様こちらの特徴。卵とじの上にゆで卵がのるダブル仕様。
ラーメンと同じ自家製麺で、こちらのほうが小麦の風味を強く感じる。


181125 fukuraiken-23


◆ ◆ ◆

古い写真について聞いてみると、北口の旧・第一デパートのあたりで営業していた当時のものと、男性店員さん。
「火事で失われたそうです。列車事故の火事とか…」
「え、それって有名な?」
老舗という情報は知っていたが、まさか現代史的に有名な「立川駅タンク車衝突事故」の被害当事者に行き着くとは思わなかった。ちなみに大正期の創業は屋台であったらしい。
火事の跡地に建った第一デパート5階に入居して、現在地に移ったのは25年ほど前という。

老舗にあぐらをかくことなく味は今風にまじめそのもので、店のつくりもセンスがよい。
何よりもその歴史。
絶大なアピールポイントを含め、伝えるべきところが的確に訴求できていないように感じて、勝手にもどかし思いをしている。


181125 fukuraiken-24


[DATA]
福来軒
東京都立川市柴崎町2-18-7



[Today's recommendation]

Doris Day - When Youre Smiling
Doris Day
『When You're Smiling』

https://www.youtube.com/watch?v=MmJc-tKohcc



wachat181125-1.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Sponsored Link

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

馬場さま

いつも情報ありがとうございます。
「福来軒」は行ってみたいとずっと思っていたお店です。
そういう意味では下山口の「柳屋」も、ずっと気になってまして…
たまたまこのコメント欄に情報をいただいた近くの「満洲里」も急浮上しており、どうしようかなぁ… と(笑)。

No title

こんばんは、馬場でございます。

いやしかし、出ましたね(笑)福来軒さん。
こちらはいつか必ずや、と思っておりました。
私も最後に伺ったのはもう随分前になりますが
久し振りに足を運んでみようかなと思います。

ところで毎度僭越ながら、所沢市下山口の
中華 柳屋さんはご存知でしょうか?
こちらのお店もご期待に違わぬことと確信しております、
お時間の空いた際にでも是非検討してみてくださいね。

Re: No title

ツキさま

> せっかく足を運んでいただいたのに、すみませんでした(笑)

↑いえいえ、散歩コースに入ってましたから。
ちなみに東久留米滝山の「だんごの美好」ではエビフライとかメンチ、ササミといったフライを巻いた中巻き?(おにぎり?)がありました。最近気づいたんですが。
江戸街道の三好は、ちらっとのぞいた感じではそういうものはなさそうです。


> 話が逸れて申し訳ないのですが、バイクで出かける際によく立ち寄る食堂が何件かあるんですよ。山田洋次郎の映画に出てくるような店ばかりで、一膳めし屋とか昔はオシャレして入った洋食屋さんみたいな感じです。隣県なんですが、廃れた工業団地の中にある栄えていた頃の名残です。寂れてはいても、ああいう場所って往時のエネルギーを今でも感じます。人の営みって、いつまでも色褪せないものです。

↑昭島の三多摩市場あたりの工場街にもシブい中華屋とかすし屋がありますね。
そういう意味では、村山とかの団地商店街で生き残っているお店にも妙なパワーを感じることがあります。

No title

hobohoboさま
>ところで、以前教えていただいたカツの太巻きの店は今回は見つけられませんでした。

せっかく足を運んでいただいたのに、すみませんでした(笑)
流行り廃りという事情によるのでしょうかね。
あのお店に限らず、以前は割と多くのお店で類似メニューが見られたような気がします。例えば、スーパーの惣菜コーナーの中巻き単品にカツ巻きを見たことがあります。玉子巻きなんていうのもありましたね。
でも最近は少なくなってきたし、どちらのお店でもロスが多かったのかもしれません。美味しかったのに・・・

話が逸れて申し訳ないのですが、バイクで出かける際によく立ち寄る食堂が何件かあるんですよ。山田洋次郎の映画に出てくるような店ばかりで、一膳めし屋とか昔はオシャレして入った洋食屋さんみたいな感じです。隣県なんですが、廃れた工業団地の中にある栄えていた頃の名残です。寂れてはいても、ああいう場所って往時のエネルギーを今でも感じます。人の営みって、いつまでも色褪せないものです。

Re: おばんです

つかりこさま

> 戦前の中華屋さんは、華僑街や都会にあったものが
> ほとんどのはずですので、立川の中華屋さんというのは
> いきさつにとても興味深いものがありますね。

↑第一デパートがあった場所といえば、「四つ角飯店」も元はすぐ隣になりますね。
戦前、なぜそんなところに飲食街があったのか。
“四つ角”という用語がキーワードかも…


> ウチのツレ(北九出身)に言わせると、あんかけちゃんぽんは
> ちゃんぽんじゃない、広東麺だとのことですが、
> 僕の小さい頃の田舎でも、ちゃんぽんといえばあんかけだったので
> 「ここにあったかあ!」とうれしくなりますねえ。

↑どうなんでしょう…(笑)
僕はどっちにしろちゃんぽんというものを知らずに育ったのもので…
東京で初めて食べたのはリンガーハットタイプの非あんかけだったので、それが標準ですね。
なので、こちらはちゃんぽんという感じはしませんが、独立した絶品アツアツ麺の一つと捉えております。


> そういえば、奥多摩街道沿いの、この柴崎町あたり。
> 立高とか住宅ばかりの記憶がありますが、寺や神社、庚申塚、
> 宿屋のなごりなどがあって、ちょっとした宿場町だったのかも
> しれませんね。

↑多摩川のほうに下っていったあたりもおもしろそうですよね。
奥多摩街道のあたりには、たしかに寺社や史跡が多いですね。
久々に自転車道に行ってみようかな…

Re: No title

kenbooさま

フロアのおにいさんが真面目でとても感じがよく、もちろん味もよく、もっと盛り上がってほしいなぁ… と思っちゃうお店です。
ぜひ行ってみてください。
で、大いに盛り上げていただければ、と。

Re: No title

ツキさま

色味が食欲をそそりますよね。
ぜひ行ってみてください。

ところで、以前教えていただいたカツの太巻きの店は今回は見つけられませんでした。
「だんごの三好」はありましたけど。

おばんです

おおお、あんなところにすごい店があったんですね!
大正元年創業かあ。
ラーメンの歴史は、第二次大戦後が隆盛期なので
実際、そうとうな歴史ですね。
戦前の中華屋さんは、華僑街や都会にあったものが
ほとんどのはずですので、立川の中華屋さんというのは
いきさつにとても興味深いものがありますね。

しかし、ただ歴史があるだけでなく、
自家製麺といい、あんかけちゃんぽんのゴーシャスさといい、
ただ者じゃないですねー。
ウチのツレ(北九出身)に言わせると、あんかけちゃんぽんは
ちゃんぽんじゃない、広東麺だとのことですが、
僕の小さい頃の田舎でも、ちゃんぽんといえばあんかけだったので
「ここにあったかあ!」とうれしくなりますねえ。
それにしても、うまそー!

そういえば、奥多摩街道沿いの、この柴崎町あたり。
立高とか住宅ばかりの記憶がありますが、寺や神社、庚申塚、
宿屋のなごりなどがあって、ちょっとした宿場町だったのかも
しれませんね。
江戸時代の資料でもあるおもしろそうですね。

No title

またちょっと気になる事案が登場ですなぁ。

このちゃんぽん、昔ワタシが中華屋でバイトしていた時の
まかないにスゴク似ています。そしてそれはとても
美味しかったのよ! うーむ、食べたい・・・

ラーメンチャーハンセットも良さげですねぇ。

hobohoboさん案件で行けてない店がちょっとたまって
きました。このところちょっと週末のお昼もうちゴハンが
多いので、何とかせねば!

No title

いやぁ、これは。。。
どれもこれも美味しそうですが、見下ろす黄色い花畑の絶景!素晴らしすぎます!!
柴崎町ですか、、チャンポンを食べに行かねば、行かねば、行かねば。。です(笑)

Re: No title

泉大福さま

踏切脇の中華屋さんですよね?
まだやってたんですか… というか、存在を忘れてました。
昔はよく通る道でしたが、所沢入間バイパスがじわじわ延びるにつれて通らなくなってしまいました。

すごいお店に行かれましたね(笑)。
そして“3割うまい”にはびっくり!!
貴重な情報をありがとうございます。
ぜひ行ってみなければ。

「福幸軒」の店名にそういう深い意味合いがあるかもしれないとは考えたこともなかったです。
むかーし、1回入ったことがありますが、鉄道系おそば屋さんということしか覚えていないですね。
「中華そば」の文字が「おそば」の上に書いてある看板が気に入ってます。
なので、次に入るときは五目中華と決めてるんですけど。

No title

所沢の中華・満州里に行ってきました。あの”3割うまい”の創業者は、ここから分かれたとのこと。所沢最古のラーメン屋だそうなのですが、それでも創業は1960年代はじめだそうです。福来軒の大正元年創業は凄いですね。今度ぜひ行ってみます(東久留米の福幸軒(燕京の隣)も意外と気に入っています。名前からして、もしかしたら大震災の直後に創業したとか・・・?)。
Latest Articles
お手ごろ価格の華やぎ弁当 【割烹 清乃】 Dec 10, 2018
41年目の年の瀬に… 【狩勝】 Dec 08, 2018
くるまやをめぐる冒険 【くるまやラーメン 保谷新町店】 Dec 07, 2018
そばをガッツリいきたい! 【国分寺 甚五郎】 Dec 05, 2018
海馬を刺激する甘辛麻婆とVnソナタ 【秀永】 Dec 04, 2018
新そばを求めて 【蕎心庵】 Dec 04, 2018
国産そば粉、重ね煮野菜のお弁当、そして自然酒 【そら屋】 Dec 02, 2018
戦後中華そばの歴史を支えた… 【中野大勝軒】 Dec 01, 2018
落ち葉の精に導かれ… 【ブルボン】 Nov 30, 2018
5の付く日は餃子半額デー! 【四つ角飯店】 Nov 29, 2018
創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】 Nov 27, 2018
北海道直送のお値打ちランチ 【函館 熊の子】 Nov 26, 2018
Category
Ranking
               
          
Category-2